【影武者】偽物疑惑の金正恩には“オーラ”がない!?「本物はよくも悪くも切迫感がある」

【影武者】偽物疑惑の金正恩には“オーラ”がない!?「本物はよくも悪くも切迫感がある」

重体や死亡説が浮上していた北朝鮮の金正恩委員長が先日、20日ぶりに公の場に姿を現した。この金正恩委員長に対し、ネットでは影武者が疑われている。

偽物疑惑が強まる中、今回の金正恩には“オーラ”がないとの声も。北の独裁者ということで目に見えないオーラがあるのか、「本物はよくも悪くも切迫感がある」といった声がみられた。

スポンサードリンク

偽物疑惑の金正恩には“オーラ”がない!?

また、労働新聞で公開された写真で金正恩委員長からオーラのような光が出ており、合成の痕ではないかとの指摘もみられた。

スポンサードリンク

元々、金正恩にオーラはあったのか

ツイッターでは、金正恩委員長のオーラについて、「誰も近づきがたいオーラ」「何かしらの圧とかオーラが出てる気がした」などの声が上がる中、その一方で「いい人オーラがめちゃくちゃ出てて普通に好き」「凄い頼りないオーラ満載に感じたのは俺だけ?」といった声もみられた。

過去のメディアを見てみると、笑顔を浮かべる金正恩委員長が目立つ。

また、金正恩委員長は積極的に軍と接近しており、将校や兵士と親しく会話をしたり、抱擁し合ったりするなどの写真もちらほらある。

一方、敵だと判断した相手には容赦なく、公開処刑もいとわない。過去には「髪の毛1本も残すな」と指示した結果、公開処刑の手段として追撃砲が使われた事例もあったそうだ。

第一印象は小太りの優しそうなおじさんだが、その本性は北の独裁者。それが金正恩委員長である。

スポンサードリンク