【朗報?】アベノマスク、女さんの小顔アピールに使われてしまう

【朗報?】アベノマスク、女さんの小顔アピールに使われてしまう

政府が全世帯に2枚ずつ配布しているアベノマスクだが、これを使って小顔アピールする女性がツイッターに相次いでいる。

スポンサードリンク

女さん、アベノマスクで小顔アピール

小柄な女性の顔には少々大きいアベノマスク。布の面積が広いおかげで小顔効果が働き、小顔アピールするためにマスク姿の写真をアップする人が続出している。ほかにも、巨乳アピールするためにも使われているようだ。

スポンサードリンク

一方、森公美子はアベノマスクでデカ顔アピールし炎上

悪性リンパ腫で闘病中の、元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が20日、自身のインスタグラムを更新。タレントの森公美子(60)が政府から届いた布マスクをつけた動画を本人に代わってSNSにアップしたところ、「たくさんのご批判をいただく結果となりました」と謝罪した。

笠井アナは18日の投稿で「いかがでしたか? 私はベッドの上で爆笑しました」とし、森から届いたという動画をアップ。その中で森は布マスクをつけながら「こうやってお話していますと、だんだんマスクが上がってきまして、なんと下が出てしまいま~す」「これじゃいけないいけないと思ってここ(口)を隠すと、鼻が出てしまいま~す」などと話し、「さて、どなたにお礼を申し上げたら良いのでしょうか。こういったマスクを頂きまして、本当にありがとうございました」と語った。

SNSをしていない森に代わって動画をアップしたという笠井アナだが、この日は投稿を削除した上で「皆さん、申し訳ございません。私は皆さんと、友人の森久美子さんに謝らなければいけません。先日、国から届いたマスクについて、森公美子さんの感想動画を私のInstagramで紹介させていただきましたが、たくさんのご批判をいただく結果となりました」とコメント。

「そもそも森公美子さんが、入院生活の長い私を笑わせて励まそうと、個人的にLINEで送ってきてくれたものでした」と明かし、「森さんは、このマスクについて批判する気持ちなど全くなく。ただ私を笑わせようとして、自虐的な感想を述べてくださったのです」と代弁した。

そして「これまでのブログを見ていただいても分かると思いますが、もちろん私も、このマスクを批判するつもりはありませんでした」とし、「外出自粛でストレスを溜めている皆さんにも、私が笑ったように、楽しんでもらえるかなと考えたのです」と投稿の理由を説明。

その上で「その時、このマスクを不眠不休で作ってくださった皆さんのお気持ちや、病院に専門のマスクを送るために、国民には布マスクを送ることになったと言う事情など、深く考えが及びませんでした」と反省した。

笠井アナは「もう一度言わせていただきますが、森公美子さんは動画を、あくまで私に個人的に送ってきてくれました。世の中に何かを言いたくて撮った動画ではありません。私のためだけに送ってきてくれた動画です」と強調し、「それを私が、森公美子さんの本心を分からず、『ぜひInstagramで公開したい』と、お願いしたために、森さんがイエスもノーも言えない状況であったこともわかりました」とも報告。

「全責任は私にあります。大変反省しております。不快な思いをしてしまった皆さん。このマスクを作って下さった皆さん。このマスクを配送してくださった皆さん このマスクに関わったすべての方に謝罪します 本当に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を並べた。

笠井アナは「最後に、森公美子さんへご批判を寄せてくださっている方々へ。森さんは全く悪くございません」と繰り返し、「個人的な会話を、私が公開してしまったようなものです。そこをぜひお含みいただきたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と結んだ。

4月20日配信「Yahooニュース」(スポーツ報知)より

森公美子の動画に対し、「自分に合わない思ったら使う前に足りない方に回せたはず」「動画撮るためだけに開封したんだね」「あなたが太っているだけでしょ」といった批判が殺到していた。

アベノマスクが小さすぎるという批判に“ぐう正論”

このツイートに対し、「耳が痛いおことばw」「無慈悲で的確なご指摘(^◇^;)」など賛同の声が殺到。また、「アベノマスクはつける人の憎しみを感じて縮むらしいぞ」といった皮肉もみられた。

スポンサードリンク