【詐欺】BIGMAGIC秋葉原、α版のブラックロータス謡いβ版を売ったと炎上!

【詐欺】BIGMAGIC秋葉原、α版のブラックロータス謡いβ版を売ったと炎上!

BIGMAGIC秋葉原店がマジック:ザ・ギャザリング(MTG)の激レアカード「ブラックロータス」の中で特に価値が高いα版を謡い、実際にはα版より価値が低いβ版を売ったとして炎上している。

スポンサードリンク

BIGMAGIC秋葉原、α版のブラックロータス謡いβ版を売ったと炎上!

BIGMAGIC秋葉原にα版のブラックロータスが入荷!価格は650万円

購入者「これβなんだけど…」

BIGMAGIC秋葉原に「詐欺じゃん」「最悪の店だな」などと批判が殺到し炎上状態に

スポンサードリンク

ブラックロータスとは

・MTG黎明期の超強力カード群・通称パワー9(黎明期に販売されていた最上位レアカード9枚の総称)のうちの一つ
⇒分かりやすく言えば、アニメ「初代遊戯王」に登場する「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」に匹敵するレア度と思われる(こちらは世界に4枚しかないカード)

・禁止カードがほぼ設定されていない競技ルール・ヴィンテージでは実に90%以上のデッキで投入されており、採用率は堂々の第1位だった

・カードイラストも評価が高く、20年以上前のカードにも関わらず「一番美しいカード」と言う人が多数いるほど

・アンリミテッド版(カードの枠が白く、発行枚数が比較的多い)で状態が悪いものでも70万円はくだらなく、αやβ版(カードの枠が黒く、発行枚数が少ない)は世界中のショップを探しても在庫として置いてあるのは稀で、価格は数百万を超える
⇒昨年2月にα版が1900万円以上で落札された

・パワー9はいずれも絶番であり「遊べる骨董品」として1枚1枚が数十万の値段だが、中でもブラックロータスは実用可能なカードとしてはTCG界全体でも最強クラスの価格
⇒値段が下がる要因がなく、投機目的で欲しがる人がいるため、高騰が進んでいる

ブラックロータス(ニコニコ大百科)より

ブラックロータスの見分け方

β版は300万円ほどの価値との情報

BIGMAGIC秋葉原「スタッフの誤りでβ版を渡してしまった」

購入者「BIGMAGICさんに交換対応していただきました」

スポンサードリンク