【私的】ポケモン7世代 レギュレーション別強かったポケモンランキング

【私的】ポケモン7世代 レギュレーション別強かったポケモンランキング

2016年11月に発売した「ポケモンサン・ムーン」からはじまった第7世代が間もなく終わろうとしている。別の記事でも触れたが、筆者はORASでポケモンを引退したが、ポケモンソード・シールドの最新情報を伝えていくうちにまたやりたくなり、今年7月にウルトラサンムーンを購入した。それからまず、全国図鑑を完成させ、シングルレート、ダブルレート、WCSレートと、主要なレギュレーションはすべてやってきた(現スペシャルレートはレギュレーションに興味をひかないため断念)。

この記事では、レギュレーションごとに強かったポケモンを、個人的にランク付けしてみた。

スポンサードリンク

【私的】ポケモン7世代 レギュレーション別強かったポケモンランキングTOP4

シングルレート(全国シングル)

1位.ゲッコウガ

・S122、「へんげんじざい」でいろんな技をタイプ一致で出せるのが強力

・6世代では、いろんな技をタイプ一致で出せるものの、A95、C103と決定力が低く、低耐久なのでそこまで脅威ではなかった

・しかし、7世代でZ技が追加されたことで、足りなかった火力を付け、突破力を得た

・どのタイプのZ技が飛んでくるのか分からないため、下手に突っ張ったり、後出しも難しい

・7世代では、ミズZを持たせたげきりゅう型も登場

・PGLのもちものでは、きあいのタスキがもっとも多いが、Z技を持たしてはじめて強いポケモンだと思う

2位.カプ・レヒレ

・場に出すだけで、浮いているポケモン以外は状態異常を無効化できるチート特性

⇒全レギュレーションで使われる催眠技に加え、シングルでは毒も多いため、これらをシャットアウトできるのは強い

・ミストフィールドのもう一つの効果である「ドラゴン技半減」は、レヒレにはあまり意味のない効果だが、げきりんやZりゅうせいぐんなどが使われるシングルであれば、味方へのドラゴン技を軽減できるため、そこそこ役に立つ

・C95と低いが、めいそうを積んだZ技であれば、等倍では一撃で戦闘不能にできるほどの火力はある

・PGLではミズZが多いが、個人的にはフェアリーZの方がオススメ
⇒タイプ相性に加え、メガリザードンYなどのひでりで半減される水技よりも、天候に左右されないフェアリー技の方が良い

3位.ポリゴン2

・しんかのきせきによりBDが1.5倍され実質、合計種族値600を超えた進化前ポケモン

・圧倒的な耐久力で強力なメガシンカポケモンであるメガボーマンダやメガリザードンなども、後出しからしっかり受けられる

・耐久型として使われることが多いが、Cも105あり、ダウンロードであれば火力を補うことができるため、アタッカー型として運用もできる

・ノーマル単一ということで弱点がつかれにくく、一撃で倒すことは困難
⇒さらにじこさいせいで回復することもできる

・受けが難しいゲッコウガを受けられ、なおかつ汎用性も高い数少ないポケモン

4位.ミミッキュ

・ばけのかわにより、かたやぶりや連続技ではない限り、確実に一発は耐えられる

・A90と火力は低いが、ばけのかわで一発耐えてつるぎのまいを積めれば、Z技で等倍でも結構倒すことができる

・アタッカー型ではなく、のろいやトリルなどのサポート型もみられた

ダブルレート(全国ダブル)

1位.カプ・コケコ

・ダブルではシングル以上に素早さが重要で、おいかぜトリルでS操作をするなどして先手を取っていくなる
⇒S130のコケコは、おいかぜトリルの影響がなくても先手を取れることが多く、これらが切れた時は場を制圧しやすい

・場に出すだけでエレキフィールドを展開でき、エレキーフィールドで強化されたでんき技が強力
⇒おくびょうでも、ひかえめC特化の霊獣ボルトロスより、でんき技の火力が上で、デンキZを使うことで、並程度の耐久なら一撃で葬れる

・エレキフィールドは浮いているポケモン以外の催眠技を無効化する効果もあり、非常に重宝する

2位.ガオガエン

・ほのお・あくとタイプに恵まれ、耐久力もそこそこあり、さらにポケモンUSUMではダブルで強力な特性「いかく」を得た

・ねこだまし、とんぼがえり、バークアウトなど優秀な技も覚える

・耐久振りで回復きのみやとつげきチョッキを持たせたいかくループ要因として使われることが多いが、ガオガエンZを持ったアタッカー型もおり、汎用性が高い

3位.霊獣ランドロス

・6世代以前では、ダブルのいかく要因と言えばこれ!というほど使われていたが、ポケモンUSUMでいかくガオガエンが解禁されると、いかくキングの座から引きずり降ろされてしまった

・しかし、弱体化したわけではなく、全体技のじしんをZ技で火力を底上げした上で単体に撃ったり、だいちのちからやめざめるパワー(氷)を所持した特殊型も登場するなど、活躍の幅が広がった

・全国ダブルにおいて、ガオガエンか霊獣ランドロスのいずれかはパーティに入っていることが当たり前となっている

4位.リザードン

・ダブルで使われるリザードンは9割がたメガリザードンYだが、ひでりで強化されたねっぷうが非常に強力
⇒ほのお技に弱い並びやパーティであれば、ねっぷうを撃っているだけで半壊する

・殴るだけでなく、おいかぜサポートもできる

WCSレート(GSダブル)

1位.レックウザ

・伝説枠とメガシンカ枠の両方が消費されるレックウザだが、それだけに強力である

・メガシンカポケモンでありながら、道具を持つことができるというチート性能

⇒こだわりハチマキやいのちのためで火力を上げてもよし、とつげきチョッキで特殊攻撃に強くするのもよし、きあいのタスキで確実に一発は耐えるのもよし

・特性デルタストリームでひこう弱点をなくし、こおり技を2倍とすることで、ゲンシカイオーガのれいとうビームすら耐えてしまう

・専用技のガリョウテンセイも非常に強力で、対はがねのだいちのちから、ゲンシグラードンメタのたきのぼりなどサブウエポンも豊富で、最強の先制技であるしんそくも使える

2位.グラードン

・おわりのだいちで4倍弱点の水技を無効化でき、天候を奪われなければカイオーガすら倒せてしまう

・GS環境ではじめんの一貫性が高く、じゅうりょくでサポートすれば、だんがいのつるぎの命中率を補え、浮いているポケモンにも当てることができる

・物理型がメジャーだが、C150とふんかを活かした特殊型の運用も可能

3位.カイオーガ

・ゲンシグラードンとメガレックウザに比べると遅れを取っているカイオーガだが、それでも非常に強力な一体

・C180から放たれるしおふきは非常に強力
⇒おわりのだいちで無効化されてしまうが、再度ゲンシカイオーガを出して天候を書き換えたり、レックウザと組み合わせるなど2天候ならさらに容易

・GSダブルにおいて、レックウザ、グラードン、カイオーガのいずれかはパーティに入っていることがほとんどである
⇒筆者が潜った際は、3体のいずれかが入っていないパーティは見たことがない

4位.ゼルネアス

・いわゆるジオコン積む機械だが、それが非常に強力

・ジオコン積んだムーンフォースは、一般的なゲンシグラードン(フェアリー半減)であれば二確であり、容易な後出しを許さない

スポンサードリンク

全体を通して強かった戦法

・場に出すだけで催眠や状態異常を無効化できる「エレキメイカー」「ミストメイカー」が強かった
⇒5世代の天候特性のような印象
⇒コケコ・レヒレに次いで多いテテフは2体に比べると使い勝手が悪く、そこまで強いとは思わない

・フィラのみやイアのみといった回復きのみが強すぎた

⇒効果は同じだが名前が違うということでパーティに複数持たせられるのだが、これはどうなのか

・シングルでは、ステルスロックの重要度が高い

・ダブルでは変わらず、ねこだまし、いかくが強い

・GSダブルは天候ゲー
⇒伝説枠はレックウザorグラードンorカイオーガ+他の伝説(レックウザやカイオーガならもう片方)になっていた

総評

6世代のメガガルーラ、ファイアローが支配していた環境に比べれば、バランスは悪くなかったと思う。これに尽きる。

8世代に期待すること

6世代はゲッコウガ(水)、7世代はガオガエン(炎)の御三家が活躍したため、8世代では草御三家が対戦環境に上がってくることを期待したい。

スポンサードリンク