【内容】ワンオクTomoya、JKとの淫行がフライデー!即相手に謝罪へ

【内容】ワンオクTomoya、JKとの淫行がフライデー!即相手に謝罪へ

ワンオクのTomoyaが7年前、当時16歳の女子高生と淫行に及んだと、フライデーで報じられた。

Tomoyaはワンオクの公式サイトを通じ、淫行報道について、その日のうちに謝罪した。

スポンサードリンク

ワンオクTomoyaの淫行内容

10月26日発売「フライデー」によると

・ワンオクTomoyaが女子高生と淫行していた。相手は関西在住の女性(現・23歳)

・女性がTomoyaと知り合ったのは2011年8月のこと。女性は当時16歳で高校2年生だった

・大坂・ミナミで会員制のバーを経営する知人から「ワンオクのライブの打ち上げをするから来てくれへん」と呼び出され、ワンオクメンバーの4人と対面。酒で盛り上がった後、Tomoyaに誘われホテルで行為に及んだ

・女性が「本当は16歳で高校生なんです」と打ち上げると、「ああそうなん。でも、言わへんかったらわからんやろ」と気にする様子はなかった

・2012年3月、女性がメールで自分の誕生日を知らせると「まだ17歳か(笑)」との返信。Tomoyaは女性が高校であることを知りながら関係を続けていた

・女性がTomoyaと直接会えたのは4回目の2013年4月が最後。Tomoyaは、女性が高校生の時は毎週メールをくれるくらい大切にしてくれたが、卒業したら会ってくれず、返事は来ないし、電話しても出ない

・昨年、Tomoyaが結婚を発表した時に納得できないという思いが募り、SNSで有名人と交際していたことをリスナーが暴露する動画番組で最初は告発しようと思ったが、番組中に女性が「未成年の時…」と話すと、運営者が雇っている弁護士がこの話を一方的に打ち切ってしまった

・フライデーが所属事務所に質問状を送ると次のような回答が返ってきた

「現在、Tomoya本人に当時の状況を確認しておりますが、7年前の出来事で記憶があいまいな部分もあり、担当者が各所へ事実確認中です。当該女性への行為が事実であれば、許されることではないと弊社としては認識しております。事実関係が確認でき次第、しかるべく対応をさせていただく所存です」

フライデーには、Tomoyaの淫行現場写真の他、女性がTomoyaと交わしたメールの数々が掲載された。

おはよー
ともややでー

明日はありがとうね
また大阪いくとき連絡するわー

バイト頑張って!

 

あ、(告発女性)の名字てなんやっけ?
フルネームで入って!

明日はちょっと厳しいな。。

明後日終わって、時間あったら
会おうや
あーでも次の日学校か

 

前と同じ〇〇ホテルやけど、
何時くらいにこれるー?

 

まだ17歳か笑

若いなー…おじさんもうすぐ25歳やで(笑)

 

2011年8月から2012年4月にかけてTomoyaが送ったメール

ワンオクTomoyaが謝罪

26日午後3時すぎ、Tomoyaがワンオクの公式サイトを通じ、淫行報道について、ファンやメンバー、関係者、そして相手の女性に向け謝罪コメントを発表した。

この度はファンの皆様やメンバー、関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしたこと、また、今回報道にあった彼女に対してお詫び申し上げます。

7年前の僕はデビューして間もない頃で、ただ勢いよく突っ走ることが自分やバンドのすべてだと思う毎日で、それしか考えていませんでした。社会的なことは何も分かっておらず、未熟な人間だったと反省しております。

今後はバンドを応援してくれる皆様の期待を裏切る事なく、精進していきますので今後ともよろしくお願いします。

ワンオク公式サイトより

スポンサードリンク

SNSではワンオクTomoya擁護、相手の女&フライデー叩きに

Tomoyaの女子高生淫行がフライデーで報じられると、SNSではTomoyaを擁護し、相手の女性やフライデーを批判する声が飛び交った。

バナナマン日村もそうやけど古い話を引っ張り出して銭稼ぎする腹黒いメ〇豚にムカつくなぁ

フライデーはネタ枯渇してるからって7年も前の話を書くなボケ

7年前の事を何故今?って感じです。未熟だったと反省しているから今がある。それで良いと思います。きっと相手はお金が目的だと思います!本当に被害者ならば7年前に警察に言ってる。若気の至りって誰にでも有る。だから、大丈夫!

過去のことがどうであれ、わたしたちは何も変わらないよ!!!今が大事!ONE OK ROCK大好き

一方で、

tomoyaの件で「マスゴミ!」とか「クソ女!」とかってツイートしてtomoya擁護しているOORerマジ怖い。マ ジ 怖 い

と擁護厨に恐怖する反応もみられた。

▼コメント欄の”一体感”がヤバい

View this post on Instagram

☺︎☺︎☺︎ @julenphoto 📸

A post shared by Tomoya Kanki (@tomo_10969) on

スポンサードリンク