【炎上】バナナマン日村のフライデー記事、タイトル詐欺だと話題に「16歳少女との淫行”証拠写真”」←ただのツーショットじゃん

【炎上】バナナマン日村のフライデー記事、タイトル詐欺だと話題に「16歳少女との淫行”証拠写真”」←ただのツーショットじゃん

お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(46)が16年前、当時16歳の少女に淫行をはたらいていたと、写真週刊誌「フライデー」で報じられ、波紋を呼んでいる。

世間は、バナナマン日村を擁護し相手の女(現・32歳)に猛バッシングの流れであるが、一部ネットでは逆転しており、2派が対立している。

そんな中、バナナマン日村の淫行を報じたフライデーにも、批判が集まりだしている。

スポンサードリンク

「これが証拠写真??」

9月21日発売の「フライデー」は、「バナナマン日村勇紀『16歳少女との淫行』【証拠写真】」とのタイトルで記事を掲載。

記事によると、16年前の2002年、16歳だった自分をバナナマン日村の都合で振り回し、肉体関係まで持ったと、現在32歳の女が証言。バナナマン日村との出会いやメールのやりとり、セ〇レの関係にあったなど生々しく語られ、証拠写真とみられるツーショットや女の太ももに顔を寄せるバナナマン日村の写真が掲載されている。

しかしネットでは「これが証拠写真??」「証拠写真のコレ、淫行って言うんですかね」など証拠写真の内容を疑問視する声が挙がった。さらに「こんな写真合成でもできるし、実際に淫行があったかなんて分からないクソ証拠写真でワロタ」といった批判も寄せられている。

また大手ニュースサイトでは、「バナナマン日村『16歳少女との淫行』被害女性が告発」との見出しでフライデーの記事を掲載。「被害女性」という表現が使われているが、決して相手の女は被害者ではない。

記事によると、相手の女はバナナマン日村の大ファンで、最初は21歳の女子大生として連絡先を送った。その後、実は16歳と打ち明けるも、バナナマン日村が甘い言葉をかけてきたと言い訳し、バナナマン日村に彼女がいたのにも関わらず関係を続けた。

さらに相手の女は、未成年なのに飲酒し、何度も肉体関係を持った。しかしセ〇レの関係はイヤだったといって、一方的に別れを告げた。その後、精神を病んで入退院を繰り返したと被害者面している。

もちろん、バナナマン日村が飲酒や肉体関係を強要したという事実はない。自分から近づいておきながら被害者面し、挙句の果てに今になって告発するのはタチが悪い。どちらかと言えば、バナナマン日村の方が被害者と言える。

フライデーの公式ツイッターにも飛び火しており、「16年前のスクープだして話題取ろうとは…センスなさすぎちゃう?」「既婚者の大昔の淫行ネタ暴露して何がおもしろいねん」「これのどこに日村が悪い要素があるのだろうか?日村に謝れ」など批判殺到。さらに「被害女性()とやらの名前もちゃんと報じろよ」「いくらでそのくだらないネタを買ったか公開しな」といった声もみられた。

▼フライデーに掲載された証拠写真(自称)

▼Yahoo!ニュースの見出し

スポンサードリンク