【衝撃】バナナマン日村、16年前の淫行がフライデー!相手は16歳の女性

【衝撃】バナナマン日村、16年前の淫行がフライデー!相手は16歳の女性

お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(46)が16年前に淫行していたことが、9月21日発売の「フライデー」で報じられた。相手は当時16歳の女性。今現在は32歳とみられる。

スポンサードリンク

バナナマン日村、16年前の淫行内容

フライデーによると

・淫行されたと告発したのは愛知県に住む32歳の河野綾香さん(仮名)。バナナマン日村は過去、当時16歳の女性に淫行を働いていた

・バナナマン日村と会ったのは2002年。女性はバナナマン日村の大ファンで、最初は”21歳の女子大生”としてメールアドレスとプリクラを同封したファンレターを送った。すると、バナナマン日村本人から連絡が来て、以来、バナナマン日村のほうから頻繁にメールが送られてくるようになった

・メールを始めてすぐに、女性は16歳であることを打ち明けたが、結局、関係を続けてしまった

・バナナマン日村がテレビ番組の収録で名古屋に来る機会があり、そこで初めて会うことになった。繁華街で待ち合わせし、そのまま手羽先屋へ。そこでバナナマン日村は女性に飲酒をすすめてきて、断れなくて飲んでしまった。その後、近くのビジネスホテルへ向かい、そこで初めて肉体関係を持った

・以降、2人はバナナマン日村が地方営業に来るたびにカラダを重ねた。そして翌年に女性が東京に引っ越してからは、バナナマン日村の家に入り浸る状態になった。しかしバナナマン日村はカラダを重ねるだけで、交際を申し込むことはなかった

・ある日、バナナマン日村の家に停まっている時、イタズラでバナナマン日村の似顔絵を描いて机に置いた。バナナマン日村はそれを発見しても、無言で丸めて捨てた。その冷めた表情を見て、女性はショックを受けた

・東京で数か月過ごした女性はセ〇レ生活に耐えかね、名古屋へ帰郷。その後、精神のバランスを崩し、入退院を繰り返す生活を送ることになった

・フライデーは9月中旬、バナナマン日村を直撃。女性との関係についてうかがうと、「覚えていない」を連発。しかし肉体関係があったことは認め、文書で謝罪もした

この告発に対し、ネットでは「淫行はアウトだけど16年前のことを今更。告発女性の悪意しか感じない」「何度でも会うのは拒否できたはず」「同情の余地がない」など女性への批判が殺到。さらに「女性の告発が100%正しいとも限らない」「当時は喜んでついて行ったけど、金になると思ってフライデーに売り込んだんでは?」といった声もみられた。

なお、淫行報道の影響なのか、事務所のホームページがつながりにくくなっている。またバナナマン日村は、9月22日生放送の「キングオブコント2018」に審査員として出演予定だ。

▼バナナマン。左:設楽統(したらおさむ)、右:日村勇紀

【バナナマン】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/バナナマン

スポンサードリンク