東仙台交番で清野裕彰巡査長が刺され死亡 犯人の男は大学生か

東仙台交番で清野裕彰巡査長が刺され死亡 犯人の男は大学生か

9月19日早朝、仙台市宮城野区の東仙台交番で勤務中の清野裕彰(せいのひろあき)巡査長(33)が刃物を持った男に刺された。その後、交番にいた男性巡査部長(47)が男に向けて3発発砲。巡査長と男は病院に搬送され、いずれも死亡が確認された。県警は男の身元確認を急ぐとともに、殺人容疑で調べている。



東仙台交番で巡査長が刺される 犯人の男は撃たれ、いずれも死亡

同署などによると、男は19日午前4時ごろ、「現金を拾った」と交番を訪れ、清野巡査長と巡査部長が対応した。その後、巡査部長は別室に戻ったが、争うような怒鳴り声が聞こえたため、駆け付けたところ、清野巡査長が血まみれになって倒れていた。当時、交番には他に警察官2人がいたが仮眠中だった。

男は刃物とマシンガンのようなものを持っており、襲い掛かってきたことから、巡査部長は「刃物を捨てろ」と警告。従わなかったため3発、発砲した。清野巡査長が拳銃を取り出した形跡はなかったという。

刃物は柄の部分を含め長さ約30センチ。県警はマシンガンのようなものが本物か鑑定を急いでいる。交番に防犯カメラはなく、同署は清野巡査長らが防刃ベストを着用していたかについて明らかにしていない。

清野巡査長は2013年に県警に採用され、17年4月から同交番に勤務していた。

現場はJR東仙台駅の北西約200メートルの住宅街。近くには中学校がある。

県警は拳銃の使用について、「適切だったと考えている」としている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091900277&g=soc

▼死亡した清野裕彰巡査長


出典:https://www.jiji.com/jc/article?g=soc&k=2018091900277&p=0180919at11&rel=pv

現場の地図



犯人の男は大学生か

共同通信によると、東仙台交番を襲った犯人は、所持品などから仙台市の大学生の可能性があり、県警が確認を急いでいるという。朝日新聞も犯人について、「若い男」と伝えている。

この事件に対し、ネット上では「射殺は正当な判断だったと思います」「発砲した警官はよくやった!」など発砲は適切だったとの声が殺到。さらに「もう少し銃を使用するべき!」「警官を守る仕組みが急務だ」といったコメントもみられた。

▼6月にも交番で警察官が刺される事件が発生。犯人の男は21歳の元自衛官だった

【仙台交番襲撃】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/仙台交番襲撃