野崎幸助の家政婦・竹田純代さん娘、歌手のAKAIだった!?

野崎幸助の家政婦・竹田純代さん娘、歌手のAKAIだった!?

和歌山県田辺市の自宅で急性覚醒剤中毒で亡くなった、紀州のドンファンこと野崎幸助の家政婦・竹田純代さんの娘は、歌手のAKAIであることが、わかった。

スポンサードリンク

竹田純代さん娘、歌手のAKAIだった!?

BLOGOSによると

・家政婦の娘は歌手。以前は大手レコード会社と契約を結んでいたが、現在はフリーでライブを中心に活動

・彼女のスポンサー(パトロン)は、大手給食会社社長のN氏。衣装から装飾品、さらには音楽活動に関わる一切の資金を提供されている

・当時は銀座のクラブで働いており、そこでN氏と知り合った

・会社の行事やイベントにも頻繁に出演させていた。彼女の楽曲は会社のCM曲にもなっている

なお、大手給食会社社長のN氏は、富士産業の中村勝彦社長と特定されている。

詳細はこちら→野崎幸助の家政婦・竹田純代さん娘には「銀座のドンファン」!大手給食会社社長が‟パトロン”だった!?

▼AKAIの公式サイトを見てみると、こんな文言が掲載されていた


魚拓より

現在、文言およびリンク先のYouTube動画も削除されている。また、自信のインスタやツイッター、フェイスブックは非公開になっていた。竹田純代さんの娘とバレたことが原因だろうか。

▼動画は富士産業のPRチャンネルに投稿されていた。すでに動画は削除されている

▼出演者曰く、動画の再生数は15万回を突破したようだ

スポンサードリンク

歌手のAKAIとは

・1985年7月16日生まれ(現在32歳)。東京都出身。幼い頃から音楽の才能に溢れ、数多くのコンテストで入賞。ミュージカルやライブなどに出演を続け、本格的に歌手を目指すことを決意し、N.Yへ留学

・2008年、ユニバーサルミュージックと契約し、シンガーソングライターとしてデビュー。ラジオパーソナリティー、映画主題歌、数々のCMソングを手掛けた。チャリティイベントにも積極的に参加している

・独自の世界観と彼女の華奢な身体から発する力強い歌声は、聴く人々の感情を揺さぶり虜にする。ビブラートのかかったハスキーボイスは「天性の歌声」と称され高い評価を得ている

・以前は「木下綾香」という芸名で活動していたが、今年5月より「AKAI」に変更した

▼母親との2ショット。完全に竹田純代さんですね

【紀州のドンファン】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/紀州のドンファン

スポンサードリンク