東山奈央がストーカー被害に 相手の桂馬クリッ、通報されまくって無事凍結

東山奈央がストーカー被害に 相手の桂馬クリッ、通報されまくって無事凍結

声優の東山奈央がツイッターで、ストーカー被害にあっている。相手は桂馬クリッ(@keima_0105)という声豚で、長きにわたって気持ち悪いリプライを飛ばしていた。

スポンサードリンク

東山奈央、声豚のストーカー被害に!

調べた限り、2017年頃からすでにストーカー行為をしていたようだ。昨年夏には、東山奈央にリプライを飛ばしまくるなど、どんどん過激化していった。

ツイッターだけでなく、YouTubeの公式動画にも…

東山奈央オフィシャル、声豚ストーカーに警告

声明では、桂馬クリッを名指ししていないが

①東山奈央及びスタッフによる投稿に対する大量リプライがあった場合
②応援してくださる周りの方々が不快に思われる内容だと判断した場合
③世間一般的な公序良俗に反する内容と判断した場合
④東山奈央及びスタッフに対する脅迫やストーカーなど、犯罪的な内容だと判断した場合

と狙い撃ちしたような指摘をしている。

このようなアカウントには注意喚起や警告、SNSのブロック等を検討するという。

なお、東山奈央のツイッターはスタッフが管理しているが、東本人がツイートすることもあるそうだ。

桂馬クリッが凍結に

東山奈央オフィシャルから警告されたのにもかかわらず、桂馬クリッのストーカーリプライは収まることはなかった。しかし、通報されまくったのかすでに凍結している。

また、桂馬クリッは他にもアカウントを持っていたそうだが、これらもすべて凍結されている。

スポンサードリンク

【ガチ恋ストーカー】ネットから排除しても終わりじゃない!?今度はリアルでの危険も

東山奈央のストーカーは凍結され、一見脅威が去ったように思えるが、実際は逆である。逆上した桂馬クリッが今度はリア凸してくる可能性があるのだ。

その根拠として、2016年5月に起きた東京・小金井市の地下アイドル殺傷事件がある。

同年5月21日、小金井市の建物でアイドル活動をしていた私立大学3年生(当時)の女性が、当時27歳の男に刃物で刺される事件が起きた。女性は20か所以上を刺されて意識不明の重体で、警察は女性を刺した男を現行犯逮捕した。

男は女性の熱狂的なファンで、ツイッターへ頻繁にリプライを送っていた。最初は好意的なものだったが、女性がリプライを無視していたということもあり、次第に攻撃的なものに変わっていった。

男はいわゆる”ガチ恋勢”で結婚したかったと供述。また、犯行に至った理由について「(ツイッターを)ブロックされてイラついた」などと話していた。

女性は同年9月に退院したが、大量出血したことから脳梗塞を発症し、左側が見えにくい状態となった。さらにフラッシュバックでPTSDを発症するため、付き添いの人がいないと公共交通機関が利用できないなど後遺症に苦しんでいる。

一方、逮捕された男は翌年2月に懲役14年6か月の判決を受けた。しかし、法廷で怒鳴り声を上げたり、面会した記者に「女性が全くの善人だったなら、あんなことにはならなかった」と発言するなど、全く反省していない態度を示していた。

つまり、SNSをブロックまたは凍結させたら、かえってストーカーを怒らせる恐れもあるのだ。近年の声豚はドルオタと同じような傾向にあり、凍結されて逆上した桂馬クリッが東山奈央を刺しに来ないとも限らない。イベントなどを行う場合、警備を整えて十分に用心した方がいいだろう。

スポンサードリンク