【ポケモンSV】ランクマ・シーズン9、人口34万人でまさかの前期越え!ダブル使用率は結論パだらけの模様【レギュレーションD】

【ポケモンSV】ランクマ・シーズン9、人口34万人でまさかの前期越え!ダブル使用率は結論パだらけの模様【レギュレーションD】

ポケモンSVランクマ・シーズン9が9月1日に終了した。同日よりシーズン10が開始され、10月からはレギュレーションEがスタートする。

レギュレーションEでは、DLC「ゼロの秘宝」前編「碧の仮面」(9月13日配信)で解禁されるポケモンを使うことができる。そのため、レギュレーションDは今シーズンがラストになる。

一方シーズン9だが、なんと人口が前期を超え、連続で右肩上がりの兆しを見せた。

スポンサードリンク

シーズン9、人口34万人でまさかの前期越え!

■シーズン8
総人口:315,714人
シングル・マスターボール級:73,371人
ダブル・マスターボール級:26,496人

■シーズン9
総人口:344,920人(+29206)
シングル・マスターボール級:75,040人(+1669)
ダブル・マスターボール級:27,230人(+734)

テラピース節約バグが修正されたシーズン3以降、人口が減り続けていたランクマだが、シーズン8でついに右肩上がりに。続くシーズン9はシーズン8からさらに3万人ほど増やした。

なぜ増えたのかは謎だが、シーズン9が開催された8月はポケモンWCS2023があった。その影響かもしれない。

スポンサードリンク

ダブル使用率は結論パだらけの模様

シーズン9のダブルバトル使用率を見たところ、

1位:ハバタクカミ
2位:連撃ウーラオス
3位:化身トルネロス
4位:パオジアン
5位:テツノカイナ
6位:モロバレル
7位:霊獣ランドロス

といった感じで、結論パが大量発生しているようだ。

使用率1位のハバタクカミと同じチームでも、1位から6位を独占している。

レギュレーションDの結論パとは

ハバタクカミ
テツノカイナ
モロバレル
連撃ウーラオス
パオジアン
自由枠(霊獣ランドロスor化身トルネロスorカイリューなど、ミラー対策でひこうタイプが多い)

といった構築で、自由枠を霊獣ランドロスにした構築がポケモンWCS2023マスターカテゴリーで優勝、含めベスト16のうち4人も使っていた。

筆者も結論パをランクマ用に調整して使ったが、多くの人が結果を残した構築なだけあって、非常に強い仕上がりだった。

続くシーズン10も、上位7位は全く同じポケモンたちが独占しており、結論パのポテンシャルの高さが物語っている。

▼ランクマ用に調整した結論パ

スポンサードリンク

※「コメント」以外の入力は任意です
※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください