【話題】呪術廻戦17巻の表紙にまさかの直哉くん!「望み薄だと思ってた」「腕の形で遺影にしか見えない」

【話題】呪術廻戦17巻の表紙にまさかの直哉くん!「望み薄だと思ってた」「腕の形で遺影にしか見えない」

10月4日発売の「呪術廻戦」17巻の表紙が公開された。17巻の表紙を飾るのは、直哉くんこと禪院直哉だ。

スポンサードリンク

呪術廻戦17巻の表紙は直哉くん!

リプ欄には「直哉くん表紙望み薄だと思ってたのでありがとうございます!」「瞬直哉が頭にケチャップかけてんのかと思ったw」「このポーズは何か意味が含まれてたりするのかな?」など喜びの声が殺到。

一方、「真希&真衣ちゃんかと思いました」「直哉くんの表紙は遺影かな 腕の形でそれにしか見えない」といった声もみられた。

禪院直哉は、呪術廻戦138話で初登場。禪院家26代当主・直毘人の息子。特別1級術師で呪術師としての素質も高く、正統派美形の五条とは異なるタイプのイケメンだが、男尊女卑の考えを持っており、幼少期に遊び半分で女を殴るクズだった。

そんな直哉は見下した女に負け、そして殺されるという最後を迎える。出番は少なく、最後までかませ犬だったが、初登場時はBLEACHの市丸ギンと似てると話題になり、イケメンで“ドブカス”というキャラが読者の心をつかんだようで、亡き今もトレンド入りするほどの人気を持っている。

スポンサードリンク


※承認制