【話題】「平成レトロ」が若者の間でブームに!?「レトロは昭和のものだから!!平成は新しいの考えて!!」

【話題】「平成レトロ」が若者の間でブームに!?「レトロは昭和のものだから!!平成は新しいの考えて!!」

4月14日放送の「モーニングショー」で、「平成レトロ」なるものが取り上げられた。

スポンサードリンク

「平成レトロ」とは

番組によると、平成初期に流行ったモノが「平成レトロ」と呼ばれ、若者の間でブームに。

1986年に発売され、レンズ付きフィルムで平成初期に大ヒットした富士フィルムの「写ルンです」に、現像した写真をデータとしてスマホに送るサービスが搭載されたり、1996年8月に発売され、2年で4000万個を売り上げる大ヒットだった「たまごっち」に通信機能を搭載し、友人と連携プレーしたり、キャラクター同士で遊ぶことも可能になるなど、それぞれ進化して復活した。

他にも、トレンディードラマなどの影響でバブル期に大流行した「肩パッド」が、韓流アイドルなどをマネして「パワーショルダー」に変わって流行したり、メロン味が主流だったクリームソーダが、インスタ映えするようなカラフルな彩りに変化しているという。

これを受け、ツイッターでは「平成レトロ」がトレンド入り。検索結果には、自分なりの「平成レトロ」を上げる投稿が相次いでいる。

スポンサードリンク

「レトロは昭和のものだから!!平成は新しいの考えて!!」

一方、レトロは昭和のものだから、平成は新しいのを考えてというツイートがバズっている。明治モダン、大正浪漫、昭和レトロと、それぞれ称号があるからだという。

代替案として、あめさんは“平成ノスタルジック”を提示。リプ欄には、「むしろ平成はアイスエイジ」「平成モラトリアムなんていかがでしょう」「平成サブカルにしましょう」「平成ポップとかピッタリだと思うんですけど」といった声が寄せられている。

また、「半数以上が昭和コンテンツなのがすごくモヤモヤする」「平成レトロも何も、昭和生まれの俺から見ても「しゃるんです」とは?ってなるんだが??????????」といった声もみられた。

スポンサードリンク

※承認制