【悲報】月姫リメイク、Z指定もエロはなし?表と裏の分割商法で展開「後編出るまであと10年かかりそう」

【悲報】月姫リメイク、Z指定もエロはなし?表と裏の分割商法で展開「後編出るまであと10年かかりそう」

3月26日発売の「TYPE-MOONエースVOL.13」で、月姫リメイク「月姫 -A piece of blue glass moon」の最新情報が発表された。

スポンサードリンク

月姫リメイク、2分割商法&Z指定に

▼今回、発表されたこと

月姫リメイクは分割商法で、今回はアルクェイドとシエルの2篇で綴られる「月の表側」が収録

・2021年8月26日発売決定

■パッケージ版
初回限定版:8800円(税込)
通常版:7700円(税込)
■ダウンロード版
初回限定版:8250円(税込)
通常版:7700円(税込)

・CEROはZ指定(18歳に満たない者は購入不可)

今回は「月の表側」のみということで、2000年8月のC58(夏コミ)で300枚限定で頒布された半月版と同じ。原作は同年8月のC59(冬コミ)で頒布された完全版に全編収録の完全版商法となった。

半月版は300枚限定ということで完全版よりも価値が高く、駿河屋で2018年に中古でありながら100万円で入荷し、話題となった。

月姫リメイクは100万円もしないが、表ルートだけで8800円。裏ルートも同じくらいの値段だとしたら、1万7600円と中々の高額である。

月姫はいわゆるエロゲだが、PS4とSwitchでの展開なため、他の移植エロゲ同様、エロはカットされていると思われる。

これに対し、ツイッターでは「Steam版も出しておくれ…」「隠しシナリオとしてさっちんルートは勿論あるんですよね」「後編出るまであと10年かかりそう」「月姫リメイクz指定って聞いてちょっと安心しました」といった声がみられた。

スポンサードリンク


※承認制