【炎上】ツイステカフェ運営はコラボカフェでやらかしまくったレッグスだった!グラブルカフェでアルコール入りドリンク誤提供、コナンカフェでは振込手数料を差っ引いた返金で批判殺到

【炎上】ツイステカフェ運営はコラボカフェでやらかしまくったレッグスだった!グラブルカフェでアルコール入りドリンク誤提供、コナンカフェでは振込手数料を差っ引いた返金で批判殺到

11月20日より、ツイステカフェが東京、大阪、名古屋で開催されるが、メニューがぼったくりだと炎上している。

そんなツイステカフェを運営するのは株式会社レッグス。過去にグラブルカフェ、コナンカフェを開催し、さまざまな問題を起こしたことで知られ、ツイステカフェを見合わせる声が相次いでいる。

スポンサードリンク

グラブルカフェでアルコール入りドリンクを誤提供

2017年7月7日より、大阪でスタートしたグラブルカフェ。ところが、初日から翌日にかけて「6属性カラフルドリンク(水)」にアルコールが含まれていると、ツイッター上で報告が相次いだ。病院に救急搬送されたというツイートも。

レッグスの調査によると、同商品の提供数は32杯。調理スタッフがノンアルコールのブルーキュラソーシロップを補充する際、本来ノンアルコールのブルーキュラソーシロップを入れる容器にアルコール入りブルーキュラソー(30cc/40度)を補充した結果、誤提供してしまったと発表した。

これを受け、9日以降は取り扱いを中止。被害にあった客には返金するとした。

▼アルコールが含まれていた6属性カラフルドリンク(水)

スポンサードリンク

コナンカフェで手数料を差っ引いた返金で大炎上

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コナンカフェは3月下旬より事前予約のキャンセル及び返金の受付を開始。赤井秀一カフェも4月上旬に同様のアナウンスをした。

しかし、SNSではキャンセル手続きをしたが、いくら待っても返金されないとの書き込みが相次いだ。3月下旬に手続きをし、2か月近く返金されないという人も。

5月27日にようやく返金が始まったが、一部しか振り込まれていないという書き込みが寄せられた。

その後、返金完了メールが一斉送信され、そこには

・クレジットカード決済日から60日以内の場合、明細上でキャンセル処理をした
→60日を経過している場合は銀行振り込みに

・コンビニ支払いの際の決済手数料の返金はしない

・指定の銀行口座に払い戻しする際の振込手数料一律550円は自己負担
→手数料を引いた金額を払い戻した

などの旨がつづられていた。

コナンカフェの事前予約は1人につき500円(税込550円)で、1人なら実質返金なし。赤井秀一カフェの事前予約は1人につき600円(税込660円)で、1人なら110円の返金となる。

これは公式サイトには記載されておらず、返金を完了してからメールを送ったということで批判が殺到。かなりのクレームがあったようで、29日に手数料の全額を返金することを発表した。

過去のコナンカフェでは、プラスチックスプーンの使いまわしやコースターの中抜きなどがあったという。

そして今回は、ぼったくりメニューということもあり、ツイステカフェを見合わせる人が相次いでいる。

▼ツイステカフェのぼったくりメニューについてはこちら!

スポンサードリンク