【徳島】妊娠中の17歳妻に暴行→切迫流産させる 22歳夫を逮捕「リアル流産パンチかよ」「子供の喧嘩で子供を流産させるな」

【徳島】妊娠中の17歳妻に暴行→切迫流産させる  22歳夫を逮捕「リアル流産パンチかよ」「子供の喧嘩で子供を流産させるな」

妊娠中の妻(17)に暴行を加えたとして、傷害の疑いで夫(22)が逮捕された。夫は「しゃべりたくない」と話しているという。

警察によると、妻は全治3週間の怪我で、切迫流産したという。

スポンサードリンク

妊娠中の17歳妻に暴行 22歳夫を逮捕

妊娠中の妻に暴行を加えたとして、徳島県警鳴門署は2日、鳴門市撫養町黒崎の男(22)を傷害の疑いで逮捕した。男は「しゃべりたくない」と話しているという。

発表によると、男は1日午前4時頃~10時20分頃、自宅などで妻(17)の顔や腹部に殴る蹴るの暴行を加え、全治3週間のけがを負わせて切迫流産させた疑い。

妻は、男からドメスティック・バイオレンス(DV)を受けていると県警に相談していたという。

10月4日配信「ライブドアニュース」(読売新聞)より

スポンサードリンク

切迫流産とは

切迫流産(Threatened abortion)
概念:流産が生じようとしている状態。流産になる場合と持ちこたえる場合とがある。子宮出血はあるが頸管は開大していない。
症状:軽度の下腹部の痛みと少量の性器出血
治療:安静を第一とし、塩酸リトドリン(子宮収縮抑制剤)、hCGの投与。目安として妊娠16週以降なら塩酸リドトリンを用い、それ以前なら安静臥床が第一である。
原因:絨毛膜下血腫、絨毛羊膜炎など

Wikiより

なお、妊娠12週未満の切迫流産で流産予防効果が科学的に証明されている薬剤はないという。

徳島新聞によると、妻は妊娠6か月。妊娠20週を超えており、安静にしていれば流産を防げる可能性がある。

この事件に対し、ツイッターでは

妊婦に手をあげる奴なんて永久に消えない印でも入れといてほしいわ

リアル流産パンチかよ最低やな

ただただ最低。
しかも17に妊娠させたって、腹に大穴あけてやりたい

子供が可愛そう…

と、夫を非難する声が殺到。

一方

子供の喧嘩で子供を流産させるな

17歳と22歳で人生終了かよ
子供も親ガチャ大爆死とか

17歳と22歳、お察しですね…

女も見る目無いな

など17歳で妊娠した上、DV男を選んだ妻を非難する声もみられた。

【関連記事】

スポンサードリンク