【炎上不可避】大川宏洋、アンジャッシュ渡部建の多目的トイレに凸!ガチレビューしてしまう

【炎上不可避】大川宏洋、アンジャッシュ渡部建の多目的トイレに凸!ガチレビューしてしまう

幸福の科学・大川隆法総裁の長男でYouTuberの大川宏洋が6月10日、アンジャッシュ渡部建が野外行為に使った六本木ヒルズの多目的トイレを訪れた動画をアップした。



大川宏洋、アンジャッシュ渡部建の多目的トイレに凸!

六本木ヒルズの地下1階を訪れた大川宏洋。平日の18時台ということもあり、あまり人通りはなかったが交通量は多いと指摘。多目的トイレは2畳くらいで、洗面台にシャワーが付いている。便器にはふたがなく、衛生的にあまり不安はないと評価した。

続けて、実際にどのように行われたのか現場検証。ズボンを脱ぎ、ペットボトルを“あれ”に見立てて実演した。実演後、十分用は足せるとするも「部屋入ってからしばらくして気が付いたんですけど、結構下水のにおいがしますね」と指摘。また、水が勝手に流れるとし、下水のにおいでムードを損なうのであまりオシャレではないと酷評。通行人の声が響き、外にタダ漏れだった可能性も指摘した。

なお、自身もトイレでやったことがあるが、下水のにおいで集中できなかったので、それ以降トイレでするのはやめたと明かした。

動画に対し、コメント欄では「聖地巡礼みたいになってんじゃないか」「この辺youtubeとりに来る人で混んでそうw」などの声が寄せられたが、その一方で「明日からYouTuber殺到して立ち入り禁止になりそう、そして障害者の方が入れない!って炎上しそう」といった声もみられた。

なお文春によると、アンジャッシュ渡部建が利用したのは地下2階から4階の多目的トイレである。