【2020】夏の甲子園中止に「ざまぁ」「嬉しい」「当然」の声 野球応援なくなり安堵する人も

【2020】夏の甲子園中止に「ざまぁ」「嬉しい」「当然」の声 野球応援なくなり安堵する人も

日本高校野球連盟は5月20日、8月10日から開催予定だった第102回全国高校野球選手権大会と、49代表校を決める地方大会の中止を決定した。具体的な理由について、同連盟は新型コロナウイルスの感染リスクや学業の支障などを挙げた。

夏の甲子園中止を受け、ネットでは落胆の声が上がっているが、その一方で「ざまぁ」「嬉しい」「当然」と中止を喜ぶ人も。新型コロナの感染リスクなどを考えると中止は当然だが「ざまぁ」「嬉しい」というのはどういうことなのか。

このような声について、筆者の知人は野球応援も中止となり、それを嬉しいと思っているのではないかと語った。

スポンサードリンク

夏の甲子園、中止に


日本高校野球連盟HPより

戦後初の中止となった甲子園。6月下旬から8月初旬かけて予定していた49の地方大会も中止するという。

理由について、日本高校野球連盟は以下の5つを挙げた

1.地方大会での感染リスクを完全になくすことはできない

2.休校や部活動停止などの措置が長期間に及んでおり、練習が十分ではない選手のけがなどの増加が予想される

3.授業時間の確保のために夏休みを短縮し、登校日や授業日を増やす動きがある中、予定されていた地方大会の開催は学業の支障になりかねない

4.運営を担う役員や審判員を十分確保できないこと、治療や感染防止などに傾注されている医療スタッフに球場への常駐を例年通りお願いできないことが予想され、公的施設の使用制限で使用球場が限られたりする可能性もある

5.甲子園の開催期間が2週間以上に及ぶこと、代表校が全都道府県から長時間かけて移動すること、集団で宿泊してまた地元に帰ることなどを考慮すると、感染と拡散のリスクが避けられない

5月20日配信「Yahooニュース」(サンスポ)より

夏の甲子園中止を受け、ネットでは「可愛そう、球児たち」「残念です」などの声が寄せられているが、その一方で「ざまぁ」「嬉しい」「当然」といった声もみられた。

スポンサードリンク

「野球応援も中止となり、それを嬉しいと思っているのではないか」

夏の甲子園中止を喜ぶ声について、筆者の知人は「野球応援も中止となり、それを嬉しいと思っているのではないか」などと語った。

甲子園ならびに地方大会には、選手だけでなく一般生徒が野球応援として駆り出される。学校行事なので強制参加となるわけだが、それが嫌だと思う人もたくさんいると語る。勝ち上がれば、それだけ野球応援に駆り出される回数も多くなるので「早く負けろ」と思った人も多いのではないか。

また、高校野球は4季の夏にあたる6月から8月に開催され、甲子園は1年でもっとも暑い8月に開催される。夏ということだけでなく、会場には多くの人が集まるのでかなりの熱気となる。

当然、熱中症で緊急搬送される生徒が毎年後を絶たない。熱中症は下手すれば死亡する可能性もある。そんな危険な場所に学校行事という名目で強制参加させられ、挙句の果てに死亡リスクもある。仮に死亡したとしてもせいぜい、学校は謝罪会見を開いて「ごめんなさい」と謝って終わりである。それでは、遺族も納得しないだろう。

そのような事情がありながら、現在も続いている高校野球に強い憤りを見せる知人。開催するにしても自由参加とし、参加しない生徒は学校で授業を受けるなどすればいいと訴えた。

自由参加にすべきということに対し、それだと盛り上がらないという反論があると思うが、心の底から応援したい生徒だけの応援と、そうではない生徒もいる応援とでは、どちらが質の高い応援かと問いかける。人数は減っても1人1人の応援の質が高いので盛り上がるのではないかと語った。

そして、夏の甲子園中止を喜ぶ人たちに対して「甲子園を目指して頑張ってる球児に大変失礼」「発言を考えろ!」「性格悪いただのクズ陰キャ」などと批判する声が寄せられていることについて「ざまぁ」は言い過ぎだと思うが、そのような人たちを「クズ陰キャ」などと決めつけ中傷する人たちも人のことを考えていないのではないかと批判した。

スポンサードリンク