【園児死亡】大津事故の場所は?原因は交差点あるあるの”あれ”だった!?

【園児死亡】大津事故の場所は?原因は交差点あるあるの”あれ”だった!?

滋賀・大津市の交差点で軽自動車と乗用車が衝突し、はずみで軽自動車が保育園児の列に突っ込んだ大事故。この記事では、一連の事故を振り返るとともに、事故の場所や原因などについて踏み込んでいきたい。

スポンサードリンク

大津市の事故の概要

報道によると

・5月8日午前10時すぎ、大津市大萱6丁目の交差点で軽自動車と乗用車が衝突
⇒はずみで軽自動車が信号待ちをしていた園児ら16人の列に突っ込む

・この事故で計15人が病院に搬送
⇒2歳の男女が死亡、13人が重軽傷を負った

・過失運転致傷の疑いで軽自動車を運転していた62歳の女と、乗用車を運転していた52歳の女を現行犯逮捕

・調べに対し、62歳の女は「右折車をよけようとハンドルを左に切った」、52歳の女は「前をよく見てなかった」という趣旨の供述
⇒ともに容疑を認めており、けがはない

・62歳の女は釈放、今後は任意で捜査
⇒2人の容疑を過失致死傷へ

現場の場所はどういうところ?

・見通しがいい道路だが、ガードレールはない

・直進する場合、右折車を確認することは出来る

・スピードを出す車が多いため右折のタイミングが難しい

・事故現場は信号無視など違反者が多く、過去にも正面衝突が結構起きている

5月9日放送「とくダネ!」より

制限速度は軽乗用車側が時速60キロ、乗用車側が時速50キロだった。

信号の仕組みは?


グッディより

・双方の信号は同時に切り替わり、青の際は直進と右折(対向車は左折)が可能

・対向車の直進が多いため、中々右折できない

・赤になっても、数秒間は直進も右折もできる

5月8日放送「グッディ」より

事故直前、信号は双方とも青で路面にブレーキ痕はなかったという。

▼大津市の事故の再現CG

中島所長によると

大津市の事故原因は?

・事故としては非常に大きな規模になったが、園児達がいなかったら”よくある交差点での右直事故”だった

・右直事故で車が歩道に入るというのはしばしばあり、飛び出した先に人がいるかどうかという運の問題で、いつかはこのようなことが起きてしまうのではないかと危惧していたような事故だった

・直進と右折の場合には直進が優先ということで、直進側は自分が優先で右折する車は待つだろうと思いがちだが、右折側も少し速度を上げれば待たずに曲がれるという甘い見込みを持ちがち
⇒ともに優先されるだろうという推測で動くために起きやすい

・右折車と直進車は動くラインが交差するため、タイミングが一致すれば衝突してしまう
⇒避けようとしても強引な車線変更などしない限り、間に合わないことが多い

右折事故を起こしやすいポイント

①交通量が多い(早く右折したい気持ちが増す)

少しでも隙間があれば行ってしまわないと、次にいつ曲がれるか分からないという心理も働き、自分が曲がれないでいると後ろに車が連なる
自分が渋滞の先頭にいるというのは心理的なプレッシャーを感じるため、その状態から早く逃れるため甘い見込みで無理に曲がるということをしがち

②制限速度の違い(距離感と速度を見誤る)

道路の上り車線と下り車線で道路の状況が違うというのはあまりないので、普通は同じ速度になっているが、交通量の違いなどで速度が異なるというのはたまにある
とはいえ、同じくらいのスピードなので「この距離あれば大丈夫」というような簡単な判断をしがち
現場では、速度制限が違うので実際の流れのスピードも違うと思われ、その見誤りで曲がるタイミングがズレて事故になる

③片側が琵琶湖(距離感と速度を見誤る)

同じような大きなの建物が密集しているところを車が来る時には、密集の度合いがどのくらい変わるかということで、ある程度速度感を補正できる
現場は道路の見通しが良く、建物もあまり多くない
湖なので距離の目安になるようなものが全くないので、距離やスピードを見る時に相手の車の大きさしかヒントがない
なので、スピードを正確に見積もりにくい状況ではある

反射的にハンドルを切ってしまう?

最終的な事故を小さくするには、減速するのが最優先となる
しかし、人間は大きなものが近づいてくると、そこから逃げようとする本能が働く
今回の事故の場合、直進車は向かって右側から乗用車が近づいてくるので、それから避けようとしてしまうのは反射的にある程度仕方ないことなので、ハンドルを左に切ってしまう
ハンドルに注意が行ってしまい、ブレーキを踏むのが多少遅れたり、踏み切れなかったという要因も重なってしまった可能性がある

ハンドルを切る癖がついてしまう人も

危険を感じた時には、急ブレーキを踏むよう教習所で教えるが、運転しているうちに忘れて自分の癖で運転するようになる
例えば、猫が飛び出したという時にブレーキではなく、ハンドルで避けられたという経験を重ねると、ハンドルで避けられるというような癖がついてしまう人がいる
そういう癖がついている人が自動車同士の衝突を避けようとする時にハンドルを切って大事故になるというパターンも多々ある

ガードレールがあったら事故の状況は変わった?

危険な箇所というのはたくさんあるので、一度に全部対策はできない
明らかに危険な場所や実際に事故が起きて危険が確認できたところから優先して対策するしかない

事故車両の右前が損傷したことについて

右直事故というのは、右折している車の左前や左の側面にぶつかることが多い
今回の場合、右折する車が直進に近い向きのままのところで衝突しているので、かなり近づいてから曲がり始めていて、あまり曲がらないうちに衝突してしまったということが推測される
ぼんやりしていたのか自分の車が加速できると思ったのか分からないが、とにかく遅いタイミングで入ってしまったため、右同士がぶつかってしまったのではないか

縁石やポールの必要性は?

縁石があることで防御にはなっているが、車から見たらさほど大きな障壁には見えない
乗用車を避けようと左に曲がって、進んだ先にポールが立っていたら、またハンドルを切れる可能性もある
視覚的な補助をすることで車を誘導できた可能性もある

5月9日放送「とくダネ!」より

▼車両対向車・交差点内の事故の件数


とくダネ!より

▼Googleマップで見た限り、確かにこの縁石ではあまり意味はなさそう

スポンサードリンク

そもそもなぜ、ガードレールが設置されてなかった?

現場の道路を管理する滋賀県道路課の担当者は、今回の事故現場の歩道と車道の間にガードレールやポールが設置されていなかった理由について「歩道の幅は約4メートルと広く、縁石もあった」と説明。

「狭い通学路などは重点的に見るが、今回のように通学路でなく、設置の要望や問題がないとされる場所では事前の対策を講じること自体が難しい」と話した。

5月9日配信「スポニチ」より

園児死亡を受け、ガードレールなどの整備促進へ

警察庁の栗生俊一長官は9日の記者会見で、大津市の交差点で保育園児らの列に乗用車が突っ込み園児2人が死亡した事故を受け、「さらなる広報啓発や指導・取り締まりを行うとともに、関係機関による通学路・通園路のガードレールなど安全施設の整備を促進し、交通死亡事故を防いでいきたい」と述べた。

5月9日配信「時事通信」より

スポンサードリンク