【悲報】小倉美咲ちゃん行方不明、陸自が撤収 公的機関の撤退始まる

【悲報】小倉美咲ちゃん行方不明、陸自が撤収 公的機関の撤退始まる

山梨・道志村の椿荘オートキャンプ場で行方不明になっている成田市の小学1年・小倉美咲ちゃん(7)を捜索していた陸上自衛隊が28日をもって撤退することが分かった。警察や消防は引き続き捜索しているが、公的機関による捜索打ち切りは時間の問題とみられる。

スポンサードリンク

【山梨】小倉美咲ちゃん行方不明、陸自が撤収要請

山梨県道志村の椿荘(つばきそう)オートキャンプ場で21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)について、25日から捜索していた陸上自衛隊が28日正午、活動を終了した。派遣を要請した村が「区域を捜索し尽くした」として撤収を要請した。

小倉さんは家族や友人ら約30人と2泊3日の予定で訪れ、21日午後3時40分ごろ、1人でテントを出たまま行方がわかっていない。

陸自は25日早朝からの4日間で延べ643人を投入。東西約6キロの範囲にある斜面や沢などを捜索した。小倉さんが遊んでいたキャンプ場裏手の林道沿いなど、同じ場所を繰り返し捜したが手がかりは見つかっていない。

第1特科隊の両角寿副隊長は「やるべき捜索はしたが、発見には至らなかった」と述べた。

9月28日配信「Yahooニュース」(朝日新聞)より

スポンサードリンク

警察や消防が撤退するのも時間の問題 民間の捜索は莫大な費用

小倉美咲ちゃんが行方不明になってから28日で8日目を迎えた。遭難者の救助に公的機関(警察、消防、自衛隊など)が動く期間は1週間ほどで、捜索が打ち切られた場合は民間に捜索依頼をする必要がある。

公的機関が出動した場合、原則として費用は税金でまかなわれ、本人や家族が費用を請求されることはない。一方、民間の救助隊は税金でまかなえず、その費用を負担しなければならない。

民間の救助隊に依頼した場合の費用は高額で、1日あたり50万円は想定される。ヘリが飛んだ場合は100万円以上になることもあるそうだ。

警察は事故、事件両面で調べており、もうしばらくは捜索が続きそうだが、進展がなければ打ち切られるのも時間の問題だろう。

スポンサードリンク