境町殺人事件の犯人は男だった!?小林美和さんや長女のストーカーか

境町殺人事件の犯人は男だった!?小林美和さんや長女のストーカーか

茨城・境町の民家で、この家に住む小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が殺害され、中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)も重軽傷を負った事件で、長男が犯人は知らない男のようだったと証言していることが分かった。

スポンサードリンク

【境町殺人事件】小林光則さん長男「犯人は知らない男のようだった」

茨城県境町で会社員の小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が殺害された事件で、重傷を負った長男が「襲ってきたのは、知らない男のようだった」と証言していることが26日、捜査関係者への取材でわかった。

県警によると、中学1年の長男(13)は、夫婦が襲われた2階の寝室から一つ部屋を挟んだ子ども部屋で、小学6年の次女(11)と寝ていた。2段ベッドの下段に寝ていた長男は両足などを刺され重傷で、上段にいた次女は催涙スプレーのようなものを両手にかけられ軽傷を負った。

捜査関係者によると、長男は、犯人の体格や雰囲気などから「知らない男のようだった。無言で襲われた」と話しているという。2人はこれまでに「襲ってきたのは1人で、帽子をかぶりマスクをつけていた」と話していた。

また、1階の部屋には犯人が立ち入った形跡がないことから、夫婦らが寝ていた2階に直接向かった可能性が高いこともわかった。県警は、家の間取りなどを把握した上で夫婦を狙って犯行に及んだ可能性もあるとみて調べている。

9月26日配信「Yahooニュース」(朝日新聞)より

専門家「犯人は小林美和さんや長女に対しストーカー行為をしていた人物である可能性がある」


バイキングより

近所の住民から「良い人だった」「恨まれるようなことはない」との小林さん夫婦だが、吉川氏は「中には自分が気付かない時に恨まれていることもある」とし、場合によってはストーカーの対象になっていた可能性も指摘。また小林美和さんではなく、長女に対するストーカー行為だった可能性も指摘した。

近隣住民によると、小林さん宅の入り口には防犯灯がついているが、その先にもつけたいという依頼があり、検討してつけることになったそうだ。さらに小林美和さんは今年に入り、自宅北側の入り口にひもをかけて通れないようにしていた。ストーカーの存在をキャッチし、対策しようとしたのだろうか。

スポンサードリンク

専門家が挙げる犯人像

吉川祐二氏によると

・現場は雑木林の中にある一軒家で、夜は真っ暗で街頭はないことから、家屋の中に1回でも入ったことがあり、土地勘のある者の犯行である可能性がある

・飼い犬が吠えなかったことから、北側の入り口から侵入した可能性があり、そのルートを知っていた人物と思われる

・2階にいた4人だけに危害を加えたということで、犯人は夫婦が2階で寝ていることを知っていた可能性がある

・物色した形跡はなく、顔や首元を切られていることから、怨恨による犯行の可能性がある

・足跡をつけないようにスリッパを履いていたとすれば、犯人は非常に慎重に犯行に及んでいる
⇒スリッパを残して去ったのは大いに疑問が残る

9月26日放送「バイキング」より

犬が吠えなかった理由として、犯人が小林家と親交があり、犬がなついていたから吠えなかったという可能性もある。

ネットでは、長女が無傷だったのは犯人が彼氏だからではないかと憶測されている。長女が彼氏を家族に紹介していれば、一家と親交がある人物と言えなくもないが、そうなると動機は一体何なのか。

スポンサードリンク