【凄惨】茨城・境町若林殺人事件の現場の場所は?物取りではなく怨恨か

【凄惨】茨城・境町若林殺人事件の現場の場所は?物取りではなく怨恨か

茨城・境町若林の民家で、この家に住む会社員・小林光則さん(48)とパート従業員の妻・小林美和さん(50)が死亡しているのが見つかった。中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)も重軽傷を負ったが、長女にけがはない。

現場は木々に囲まれ、付近に住宅はほとんどない。近所の人の証言から強盗殺人の可能性も浮上しているが、専門家は物取りの線は低いと指摘した。

スポンサードリンク

茨城・境町若林で殺人事件!夫婦死亡、長男と次女が重軽傷

23日午前0時40分頃、茨城県境町若林、会社員小林光則さん(48)宅から、パート従業員の妻・美和さん(50)が「助けて」と110番した。駆けつけた境署員らが、首や顔を切りつけられて死亡している小林さんと美和さんを発見。中学1年の長男(13)が足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)も軽傷を負っており、救急搬送された。県警は、家族4人が刃物などで襲われた殺傷事件と断定し、境署に捜査本部を設置した。

捜査関係者によると、小林さん宅は当時、無施錠の場所が複数あり、凶器の刃物などは室内に残されていなかった。次女は救急搬送時、「(襲われた際に)スプレーのようなものをかけられた」と証言したといい、県警は、何者かが刃物やスプレーを準備したうえで、小林さん宅に侵入したとみて調べている。

捜査本部の発表では、小林さんは大学生の長女(21)を含む5人暮らし。夫婦は2階の寝室で、長男と次女は2階の子供部屋で襲われた。1階の自室にいた長女にけがはなく、「物音やサイレンで事件に気づいた」と話している。小林さんの家族から外部とのトラブルに関して、県警に相談はなかったという。

小林さん宅は、千葉県境に位置する境町の町役場から南東に約5・5キロの田園地帯にあり、周囲を木々に囲まれ、付近に住宅は少ない。

9月23日配信「Yahooニュース」(読売新聞)より

県警によると

・通報は固定電話の子機からで「助けて」と切迫した様子だったことから、襲われている最中だった可能性がある。

・次女は搬送時に両手のしびれを訴えていた
⇒催涙スプレーか

現場の場所は?


大島てるより

▼画面奥にある民家が小林さん宅

▼付近の航空写真。民家は数えられるくらいしかない

▼事件当時の状況


FNNより

スリッパを履いて犯行に及んだか

茨城県境町の民家で会社員の小林光則さん(48)夫婦が殺害された事件で、現場の住宅近くに1組のスリッパが落ちていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。県警境署捜査本部は襲撃時に足跡が残らないようスリッパを使った可能性もあるとみて調べている。

捜査関係者によると、スリッパは住宅周辺のやぶの中から見つかった。同本部は何者かがスリッパを履いて夫婦を襲撃した後、道路から脱ぎ捨てた可能性もあるとみて、詳しく調べている。 

9月24日配信「Yahooニュース」(時事通信)より

スポンサードリンク

長男「自分を襲ったのは1人だったと思う」

中学1年の長男(13)「暗くて顔は見えなかったが、自分を襲ったのは1人だったと思う」

近所の人によると、現場周辺では数年前に空き巣被害が相次いでいたという。

一方、専門家は物取りの線は低いとの見解

犯罪ジャーナリスト・小川泰平氏によると

・顔面や頸部などを傷つけるのは明確な強い殺意があると言え、怨恨の線は否定できない

・犯人は子供も殺害しようと思えばできたはず。子供については殺意がなかったのではないか

・木が生い茂っていて、通りすがりに見えるような家ではない。小林さん宅をピンポイントで狙った犯行とみられる

・通常、物盗りの場合は家人が2階で寝ていることが多いので、まず1階から物色することが多い。(2階にいた家人だけが襲われたことを考えると)物盗りの犯行の可能性は低いと言える

9月23日配信「Yahooニュース」(まいどなニュース)より

スポンサードリンク