【元女子プロレスラー】長与千種が暴行被害 会見で事件時の状況を語る

【元女子プロレスラー】長与千種が暴行被害 会見で事件時の状況を語る

元女子プロレスラーの長与千種が男から暴行を受けていたことが、わかった。一体何があったのか。

スポンサードリンク

長与千種が暴行被害 飲食店経営の男逮捕

・11月19日午前3時ごろ、札幌市中央区の立体駐車場で元女子プロレスラーの長与千種(53)が男に暴行される

・暴行容疑で滝川市緑町の飲食店経営・長谷川匡容疑者(27)を逮捕

・取り調べに対し、長谷川匡容疑者「間違いない」

・2人は夫婦⇒一緒に酒を飲んだ後、飲み続けるか帰るかでもめていた

事件現場

札幌市中央区南4条西6丁目「駐車場 ジャンボ1000」

暴行の経緯

18日夜、プロレスイベントのため札幌を訪れる

プロレスラー仲間と打ち上げ⇒ホテルへ帰る途中、女性の悲鳴を聞いて駆けつける

駐車場で男が女性に馬乗りになっているのを発見⇒仲裁に入ったところ、男から髪をつかまれ、頭を押さえつけられる

長与千種の知人が110番通報⇒駆け付けた署員が男を取り押さえる

けがについて

・左手の小指にけがをしたものの軽症⇒今後の仕事に影響なし

警察は傷害事件も視野に捜査を進めている。

事件当時の状況を告白

事件後、長与千種が会見。当時の状況を語った。

最初はじゃれあっているのかなと思ったが、“助けてください““もうやめてよ“という、聞いたことがないような悲鳴だった。警察を呼んでください“と言われたので呼んだが、タイムラグがあるだろう、もしレイプされていたり、暴力を受けていたらやばい、と思って、今までにないすごいスピードで(階段を)駆け上がった。

すると男が女性に乗っかっていて、足と首を取っているような状態だった。女性は引きずり回され、素足で、膝には擦過傷があって、バッグなども散らばっていた。先に着いた若い子は唖然としてたし、現役の選手に行かせるわけにもいかないし、とりあえず一番身体の大きい私が行っとくかなって。

■男を叱り飛ばすと…

髪がブチブチ抜ける音がして、自分の顔が床に着いちゃう、危ない、でも何もできないし、と思って。手を解かないといけないので“やめてよ“って言った途端に右手を持って行かれた。骨に違和感があって“ああやったな“って。

普通だったらそこで腕を決めるが、その瞬間に技になってしまう。仕事柄、絶対に手は出せないので、防御だけ。でも、プロレスやっててよかったなって思うのは、傷付けてしまうとその人と同じになってしまうので、自分で良かったのかなって。プロレスラーだから気持ちを止められた

■駆け付けた警察官に取り囲まれると…

私じゃないんですけどって(笑)。テレビで見たことある北海道警察だって思いました(笑)。でも、女の刑事さんがしっかり話を聞いてくださって。すごく丁重に“勇気を持ってやっていただいた“と言われたが、当たり前のことをしただけなので。少しでもプロレスラーが世のためになったのであれば良かったですね。

危険な物を所持していればそれ以上のことをするつもりはなかったが、やっぱり傷を負っている女性がいるのに、見て見ぬふりはできなかった。“警察に電話したからでいいですよね“じゃなくて、そういう気持ちを持ちたいですよね。職業間違えたのかな。警察になればよかったかな。お騒がせしました。

私はこの程度なので大丈夫です。北海道の人たちは温かいので、またこういうことがあれば守ります

11月19日配信「AbemaTIMES」より

▼代表を務めるマーベラスがコメント

スポンサードリンク

長与千種について


Naverまとめより

■プロフィール

身長:166cm
体重:71kg
誕生日:1964年12月8日(53歳)
出身地:長崎県大村市
所属:Marvelous
スポーツ歴:空手
得意技:ランニングスリー、スーパーフリークなど

■来歴

1980年8月:全日本女子プロレスに入団、大森ゆかり戦でデビュー
1984年8月:元プロレスラーでタレントのライオネス飛鳥とのタッグチーム「クラッシュギャルズ」を結成
1989年:一時引退⇒タレントとしてドラマや舞台で活動
1993年11月:プロレスラーに復帰
1995年:女子プロレス団体「GAEA JAPAN」
2000年:ライオネス飛鳥と「クラッシュ2000」としてコンビを再結成
2005年4月10日:GAEA JAPAN解散とともに再び引退⇒プロレス興行のプロデュースを行いつつ、後進育成のためのジム設立も準備
2014年3月:新団体「Marvelous」の設立を発表

Wikipediaより

▼クラッシュギャルズの2人


日経ビジネスより

⇒報道後、「クラッシュギャルズ」がトレンドワードに急上昇

スポンサードリンク