野崎幸助の注射針の愛人の正体 暴力団関係の女性だった!?

野崎幸助の注射針の愛人の正体 暴力団関係の女性だった!?

紀州のドンファンこと野崎幸助が急性覚醒剤中毒で亡くなった事件で、6月19日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)は野崎幸助を囲む8人の女性を紹介。その中には野崎幸助の元愛人で、注射針などが入った段ボールを送ってきたと先日、妻が証言した女性も含まれていた。

参考:【バイキング】野崎幸助の妻・須藤早貴さんへ質疑応答で新事実が発覚!「家宅捜索の時に愛人名義の郵便物から‟注射針”が出てきた」【最新情報】

スポンサードリンク

野崎幸助の注射針の愛人の正体

・野崎幸助の仕事関係で10年前に出会い、愛人関係になっていた女性

・東京在住の30代。2年前には同居しており、結婚の約束もしていた

・結婚が決まると、愛人女性から頻繁に色んな荷物が野崎幸助の自宅に送られてきた

・2000万円の借金を野崎幸助に全額肩代わりしてもらった後、荷物を残し音信不通になった

野崎幸助の妻によると

・愛人が覚醒剤をやっていたと家政婦から聞いた

・洋服などを段ボールに入れて宅配で送ってきて、それをガレージに置いていた

・警察の家宅捜索の際、愛人名義の郵便物の中から注射針3~4本が出てきた

・注射器まであったのかは記憶にない

一方、6月7日発売の「週刊新潮」では、「社長の自宅から、注射器が押収されたと聞きました」という野崎幸助の会社関係者の証言が書かれていた。

スポンサードリンク

注射針の愛人は暴力団関係の女性!?

「かつての交際相手で、暴力団筋と繋がりのある女性がいました。借金を抱えているとかで、社長が2000万円ほど肩代わりしてあげたら、自分の衣類などを大量に送りつけてきて一緒に暮らすかのようなそぶりを見せながら、結局はお金だけ貰って行方をくらましてしまった。そうした荷物は、社長の自宅ガレージに置かれたままだったのですが、県警が調べたところ、その衣類に紛れ込む形で注射針が出てきたというのです」(会社関係者)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543531-shincho-soci

【紀州のドンファン】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/紀州のドンファン

スポンサードリンク