【随時更新】成人式2021、新成人の逮捕・暴走まとめ

【随時更新】成人式2021、新成人の逮捕・暴走まとめ

2021年の成人式は、新型コロナウイルスの影響で中止が相次いでいる。しかしそれでも、開催する地域があり、ネットでは中止を求める声が散見している。

開催するだけでも反感を買っているのに、2021年も事件を起こして逮捕される新成人が相次いでいる。

スポンサードリンク

成人式2021、新成人の逮捕・暴走まとめ

■和歌山で新成人が暴行事件

成人式に出席後、会場そばの路上で別の出席者を蹴ったとして、和歌山西署は10日、暴行の疑いで、和歌山市の飲食店店員(20)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は10日午後2時25分ごろ、同市の和歌山県民文化会館前の歩道で、面識が無い同市の大学生の男性(20)の尻を蹴った疑い。「パイロンを蹴ったが、人は蹴っていない」と容疑を否認している。

署によると、式を終え会場を出た容疑者は酒を飲んだ状態で大声を上げ、突然、大学生を蹴ったという。会場周辺にいた警察官が確認した。

1月11日配信「日刊スポーツ」より

■北海道で新成人が傷害事件

知人男性の顔をのぼりのポールで殴ってケガをさせたとして、20歳の男が逮捕されました。

傷害の現行犯で逮捕されたのは、北海道苫小牧市に住むとび職の20歳の男です。

警察によりますと男は1月10日午後10時5分ごろ、苫小牧市大町の路上で20代の男性の顔面をコンビニエンスストアの”のぼりのポール”で殴りケガをさせ、「知人ともめて殴られた」との男性からの通報で駆け付けた警察官に逮捕されました。

男性は額を切るケガをしました。

10日は苫小牧市で成人式が行われ、2人は式のあと飲食店で一緒に酒を飲んでいて、料金の支払いをめぐってもめたということです。

調べに男は「身に覚えがない」と話していて、警察が当時の状況を詳しく調べています。

1月11日配信「Yahooニュース」(北海道ニュースUHB)より

■沖縄で新成人が酒気帯び暴走運転

県内の多くの市町村で成人式が開催された10日、酒気帯び運転や暴走運転などの道交法違反容疑で、県警が新成人4人を逮捕した。

糸満署によると10日午後5時15分ごろ糸満市西崎の国道331号で基準値(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム)を約3倍上回る酒気を帯びた状態で自動二輪車を運転したとして、糸満市糸満の建築作業員の男(20)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された。成人式の帰りだったとみられる。

うるま市の安慶名交差点で暴走行為をしたとして、新成人の男(20)も道交法違反(安全運転義務違反)容疑で現行犯逮捕された。与那原町でもバイクの2人乗りで暴走行為をした新成人2人が現行犯逮捕された。

1月11日配信「Yahooニュース」(琉球新報)より

■横浜市で新成人が騒ぎまくり近隣住民に迷惑をかける

■北九州市で新成人の女が酒気帯びで追突事故

北九州市で11日、新成人の女が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。基準値の5倍を超えるアルコールが検出されています。

警察によりますと、北九州市小倉南区の自称飲食店従業員・下田歩美容疑者(20)は、11日午前8時すぎ、北九州市八幡東区で、酒を飲んで普通乗用車を運転した疑いがもたれています。

同級生の女性と2人で車に乗って、40代の男性が運転する普通乗用車に追突する事故を起こし、男性が警察に通報しました。男性にけがはありません。

下田容疑者の吐く息からは、基準値の5倍を超えるアルコールが検出され、警察の調べに容疑を認めています。

下田容疑者は、10日北九州市で行われた「成人式に行った」などと話していて、警察が、誰とどこで飲んだかなど詳しく調べています。

1月11日配信「Yahooニュース」(九州朝日放送)より

コロナをまき散らした挙句、他人にも迷惑をかける新成人。2021年は家でおとなしくしてほしいものだ。

スポンサードリンク

過去4年間の荒れる成人式

■2017年:茨城・つくば市の成人式会場で開かれた「市成人の集い」の最中に、壇上に上ろうとした新成人を逮捕

■2018年:静岡市で成人式会場に改造車で来た新成人を逮捕

▼はれのひ事件があったのもこの年

■2019年:横浜市で新成人同士が乱闘→警察官も乱入する騒動

■2020年:横浜市の成人式会場で綱渡りする新成人

スポンサードリンク

※承認制