【2021】漫画総選挙で鬼滅の刃2位は納得できない?「アニメで売れたんだからおかしい」

【2021】漫画総選挙で鬼滅の刃2位は納得できない?「アニメで売れたんだからおかしい」

1月3日放送の「漫画総選挙」(テレ朝)で、国民15万人が選んだ好きな漫画トップ100が発表された。1位は累計発行部数1位でもあるワンピース、2位は社会現象となっている鬼滅の刃、そして3位はスラムダンクと続いた。

案の定、ジャンプ作品がランキングを席巻しており、ワンピース1位、鬼滅の刃2位ということで「また忖度?」との声が上がると思いきや、鬼滅2位に納得できないという声が相次いでいる。

スポンサードリンク

漫画総選挙2021トップ100

やはり、ジャンプ作品が最多。続いてサンデー、そしてマガジンと多い。出版社全体で見ても、集英社(ジャンプ等)>小学館(サンデー等)>講談社(マガジン等)の3強となっている。

スポンサードリンク

「鬼滅2位は納得できない」

鬼滅の刃2位に対し、SNSでは「納得できない」「もっと下やろ」といった声が相次いでいる。

漫画総選挙は、日本人が一番好きな漫画を決めるという企画。鬼滅の刃はアニメで漫画が爆売れしたのであって、アニメ化前は累計発行部数250万部で打ち切れ寸前だったので、漫画自体の評価はあまり高くないとされている。

また、5chでは「尾田くんまたかよ・・・」「尾田くん・・・いい加減にしろ」と、ワンピースの忖度を疑う声が寄せられている。

▼ワンピース忖度について

スポンサードリンク

※承認制