【悲報】リライジングガンダム、早速転売されまくる 入荷が少ない、そもそもしてない店も

【悲報】リライジングガンダム、早速転売されまくる 入荷が少ない、そもそもしてない店も

バンダイより9月26日に新商品「HGBD:R 1/144 リライジングガンダム」が発売された。ツイッターでは、「開店して7分で消えた」という報告もあり、好評のようだが、すでに転売が相次いでいる。

スポンサードリンク

バンダイより、リライジングガンダムが発売!

リライジングガンダムは、ガンダム公式YouTubeチャンネルで配信中の「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」2nd Season(2020年4月9日~8月27日)に登場した機体。

主人公が所属するBUILD DiVERS(ビルドダイバーズ)のメンバーの機体を合体させた究極機体で、超戦略級の必殺技「グランドクロスキャノン」発動時は全身が「グランドクロスカラー」という金色に発光する。

今回発売されたのは、それをガンプラにしたものとなっている。価格は8250円(税込)。

▼通常時の姿

「開店して7分で消えた」

スポンサードリンク

一方、転売も

入荷が少ない、してない理由

ツイッターでは、リライジングガンダムに関して「入荷数が少ない」「入荷なしとか舐めとんのか?」といった報告が相次いでいる。

つばささん(@wing_Ferrari91) によると、小売店が注文数を絞った結果、メーカーも生産数を絞ったという。その結果、店によっては入荷が少なかったり、そもそも入荷しないということが起きている。

一方、最新ガンプラは再販に1年以上かかることはなく、11月にはメーカーもガンプラ工場を拡大すると発表しており、あせって転売品を買わないよう呼びかける声もみられた。

スポンサードリンク