【死亡】なぜ三浦春馬の自殺理由はSNSの誹謗中傷と言われているのか 過去の炎上ツイートへの批判に“誹謗中傷警察”殺到

【死亡】なぜ三浦春馬の自殺理由はSNSの誹謗中傷と言われているのか 過去の炎上ツイートへの批判に“誹謗中傷警察”殺到

人気イケメン俳優の三浦春馬が自宅マンションで死亡した。室内には遺書のようなものがあったことから、警察は自殺とみて調べている。

自殺理由について、ネットではSNSの誹謗中傷だと断定する声もある。また、そのように言われるようになったきっかけの一つである過去の炎上ツイートへの批判に“誹謗中傷警察”が相次いでいる。

スポンサードリンク

なぜ三浦春馬の自殺理由はSNSの誹謗中傷と言われているのか

■簡単な経緯

三浦春馬の自殺“報道直前”、賀来賢人がインスタに意味深ストーリー

自殺報道後、三浦春馬が東出昌大&唐田えりかの不倫騒動に物申してプチ炎上したツイートが発掘される

三浦春馬の自殺原因は誹謗中傷と断定するツイートが散見

「誹謗中傷」がトレンド入り←いまここ

賀来賢人がインスタに意味深ストーリー

これは、賀来賢人がインスタのストーリーに投稿したもの。個人名は出していないが、三浦春馬の誹謗中傷を言っているのではないかと憶測が飛び交った。

なお、この投稿は三浦春馬の自殺が報じられてから投稿されたものだとしていたが、実際は直前だったことが分かった。

賀来賢人と三浦春馬は、同じアミューズ所属。過去の報道などを見た限り、特別仲が良いということはないようだ。

東出昌大&唐田えりかの不倫騒動に物申してプチ炎上

個人名は出していないが、俳優の東出昌大と女優の唐田えりかの不倫が報じられた数日後のツイートで、2人の不倫に対するバッシングに物申したとされている。

このツイートには賛否の声が寄せられたが、三浦春馬の自殺が報じられると、批判ツイートに誹謗中傷警察のリプライが相次いだ。

「(ツイート)消すなよ?」「スクショしたからな」「YouTubeで晒す」と脅したり、「自殺の原因はアナタ」「人殺し」「あんたみたいな人が誹謗中傷で春馬くんを自殺に追い込んだ」などと決めつけるリプライもみられた。

こういった声に対し、「誹謗中傷と批判は違うでしょ。この人たちは別に悪くないと思います」「同じことやってるの自覚したほうがいいぞ」「三浦春馬の自殺の原因が誹謗中傷によるものだとまだ確定してないのに…」といった批判が寄せられた。

このような誹謗中傷警察は、プロレスラーの木村花の自殺を受けてSNSで目立つようになった。新型コロナウイルスの「自粛警察」と一緒で、過去のツイートを見てみると自分も誹謗中傷しているケースがほとんどである。

スポンサードリンク

アンチはほぼいない

SNSの誹謗中傷を理由に自殺したと言われている三浦春馬だが、三浦のSNSを見た限り、目立ったアンチコメントはなく、ツイッターでは「アンチなんて見たことがない」「アンチいたの?!!!」といった声があふれた。5chでアンチスレも立っておらず、炎上も上記の一件だけである。

もちろん、アンチが1人もいなかったわけではない。表舞台に立っていれば、どんなに好感度が高くてもアンチは絶対つく。三浦春馬の場合、粘着質のアンチはいなかったという話だ。

SNSのなりすましに悩んでいた

これは、アミューズが2018年5月に掲載したもの。このころ、三浦春馬になりすましたインスタをはじめとするSNSの報告が多数寄せられたとし、公式が注意喚起していた。

当時は三浦春馬本人のインスタがなく、同年6月に開設された。一部報道によると、なりすまし対策として公式アカウントを立ち上げたのではないかとしている。

三浦春馬の自殺報道を受け、ネットではなりすましが自殺理由ではないかと憶測する声もみられた。

スポンサードリンク