【ゲス不倫】アンジャッシュ渡部建、“初手”自粛の本当の理由はこれだった!?テレビ電話の変態プレイ画像が流出

【ゲス不倫】アンジャッシュ渡部建、“初手”自粛の本当の理由はこれだった!?テレビ電話の変態プレイ画像が流出

複数の女性と不倫関係にあることが報じられ、芸能活動を休止したアンジャッシュ渡部建について、6月11日放送のミヤネ屋で、とんでもない情報が報じられた。

ミヤネ屋は、同日刊行のスポーツ報知の記事を紹介。番組に出演したスポーツ報知の高橋誠司さんによると、アンジャッシュ渡部建の変態プレイ画像が一部で流出しているという。

スポンサードリンク

アンジャッシュ渡部建、テレビ電話の変態プレイ画像が流出!

スポーツ報知・高橋誠司さんによると

・6月11日発売の週刊文春で、アンジャッシュ渡部建がスマホのビデオ通話で変態プレイをしていたと報じられ、それを画像にしたものが周辺の関係者に流出している
→この関係者が芸能人なのかは不明

・証拠が出回っていることが、アンジャッシュ渡部建が早く認める要因にもなったのではないか

6月11日放送「ミヤネ屋」より

アンジャッシュ渡部建は、不倫が報じられた前日に番組出演の全面自粛を申し入れた。また、同日には自身のYouTubeのコメント欄を完全に封鎖するなど炎上に先手を打った。

本来なら報道されてから対応するはずだが、1日早かったのは変態画像の流出が原因だったのかもしれない。

スポンサードリンク

1万円で援助交際していた女性との変態画像か

文春によると、アンジャッシュ渡部建とビデオ通話で変態プレイをしていたのは都内在住のB子。地方ロケで自宅にいないとき、渡部は深夜にLINEのビデオ通話で変態プレイを要求。毎回15分から20分ほど続いたという。

アンジャッシュ渡部建の不倫相手は複数人いたが、その中でもB子はお気に入りだったようで、多いときには週2回、トータルで30回以上関係を持ち、それは結婚後も続いた。佐々木希の愚痴をこぼすこともあった。

B子にはビデオ通話での変態プレイだけでなく、多目的トイレでの行為も要求。しかし、行為が終わるとLINEのメッセージを全消しするよう証拠隠滅を図ったり、そもそも会ってから別れるまでが数分だったこともある。

そんなB子には行為後に毎回1万円を渡しており、セ◯レというより援助交際の関係だった。アンジャッシュ渡部建は「こんなにリピートするのはB子だけだよ!」と喜んでいたそうだが、B子は「彼は私のこと“性のはけ口くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかったと思います」と不満を打ち明けている。

さんざん使い倒されたがそこに愛はなく、しかも自分の価値は“たった”1万円という烙印を押されたB子。しかも、元ヤンの佐々木希にブチギレられ散々な目にあった。彼女なら、アンジャッシュ渡部建の変態プレイ画像を流出させるほど恨んでいても不思議ではない。

スポンサードリンク