【再出発】欅坂46の改名理由は?ファンの間では平手友梨奈のイメージ脱却説が濃厚

【再出発】欅坂46の改名理由は?ファンの間では平手友梨奈のイメージ脱却説が濃厚

欅坂46が7月16日、初の無観客配信を行い、グループを改名して再出発することを発表した。10月に欅坂46としてのラストライブを行うという。

ライブでは改名理由は明かされなかったが、ネットでは改名理由を考察するファンの声が相次いでいる。

スポンサードリンク

ファンが予想する欅坂46の改名理由

1.話題作り・卒業メンバーがクソすぎるから

2.とにかく0からやり直したい

3.脱退メンバーが多すぎて欅坂46として成り立たなくなった

4.欅坂46=平手友梨奈のイメージ脱却

5.平手友梨奈脱退後のシングルが不発だった

ツイッターを見た限り、平手友梨奈のイメージ脱却説がもっとも多かった。一部では「平手坂」と揶揄されるほど、欅坂46は平手のイメージが強いようだ。

平手友梨奈は、欅坂46の一期生として活動。1stシングル「サイレントマジョリティー」でセンターを務め、グループのエースとして活躍した。そんな平手は今年1月に脱退。その理由については「今は話したくない」と言っていた。

この時点で欅坂46の改名が決まっており、それが脱退につながったのではないかという考察もみられた。

スポンサードリンク

鳥居坂46に戻るのではないかとの予想も

欅坂46は当初、坂道名である鳥居坂を冠し、「鳥居坂46」というグループ名でメンバーを募集していた。しかし、オーディション最終合格者のお披露目と同時に「欅坂46」へと改名された。

この度、欅坂46から改名するということで、再び鳥居坂46に戻るのではないかと予想するファンもみられた。

欅坂46の改名に、「これからも応援し続けます!欅坂に出会えて良かったです!!!」「僕の人生を変えてくれてありがとうございました」「改名したって中身が変わらなきゃ意味ないけどね」といった声が寄せられている。

スポンサードリンク