【大阪】貝塚市で障害者の男が女性に睡眠導入剤を飲ませた事件、被害者がツイッターに登場!薬物性肝炎になり毎日病院通いと明かす

【大阪】貝塚市で障害者の男が女性に睡眠導入剤を飲ませた事件、被害者がツイッターに登場!薬物性肝炎になり毎日病院通いと明かす

身体障害のある男(33)の大阪・貝塚市の自宅で、介護に訪れていた女性らが相次いで意識混濁状態に陥った事件で、被害者の一人がツイッターに登場。大量の薬を飲まされたことによって薬物性肝炎になり、毎日病院に通っていることを明かした。

スポンサードリンク

大阪・貝塚市で障害者の男が女性に睡眠導入剤を飲ませる

大阪府貝塚市の身体障害のある男(33)の自宅で昨年から今年夏にかけ、介護に訪れていた女性らが相次いで意識混濁状態に陥った事件で、男が「健康にいい」などと言って、女性らに睡眠導入剤入りの飲料をすすめていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。男があらかじめ別の介護担当者に、自分用として飲料を作らせていたことも判明。介護者が立場上断りづらい状況を利用して犯行に及んでいた疑いがあり、大阪府警は詳しい状況を調べている。

男は「睡眠導入剤を飲ませた。体を触りたかった」などと供述。府警は男の障害の程度を考慮して任意で捜査を続け、準強制わいせつ致傷容疑で書類送検する方針。

捜査関係者によると、男は7月28日、介護事業者から派遣された20代女性に、睡眠導入剤入りの飲料を飲ませるなどした疑いがある。男は首から下がほとんど動かせず、睡眠導入剤入り飲料を別の介護担当者に作らせ、ダイエット効果があるなどとして市販されているドリンクと混ぜたうえで女性に飲ませていたという。

女性はその後、意識混濁状態となり、男宅から約300メートル離れた民家の外壁に軽乗用車で衝突。女性の尿から睡眠導入剤が検出されたことなどから、府警が捜査したところ、昨年10月以降、同じ事業者から派遣された複数の女性が、意識混濁状態に陥るなどしていたことが明らかになった。今年8月には、男の知人女性も男の自宅で倒れて救急搬送され、数日間昏睡(こんすい)状態となった

10月10日配信「Yahooニュース」(産経新聞)より

スポンサードリンク

睡眠導入剤を飲まされた知人女性がツイッターに登場

ネットの反応

この加害者の名前も顔も出ないことが納得いきません。殺人未遂で、目的がわいせつ行為ということを考えれば、たとえ障害者でも実刑にすべき。死刑にして欲しいというのが私の率直な気持ち

他人に害を与えられる能力があるならば、本人も罪を償う能力はあるはずです。身体的な障害の有無は関係ありません。
健常者であれば、普通に実名報道でしょうし、かなり重い罪になると考えます。犯罪者に人権は不必要です。
一日も早いご回復をお祈りします。

人を騙してる訳だから、障害者の枠には入らないような。
冷蔵庫まで行って麦茶の容器などに睡剤を入れたのかな?
だったら一人で色々出来るやん。

色々と大変でしたね😨自分も以前〜処方された風邪薬が合わず薬物性肝炎になり1ヶ月〜禁酒命令で😭正常値に戻り薬物性肝炎は治ると思いますが、心のケアが大切ですね😌顔晴ってください😉

スポンサードリンク