京急電鉄が脱線事故!衝突トラックは輸入みかんの運送会社だった?

京急電鉄が脱線事故!衝突トラックは輸入みかんの運送会社だった?

9月5日午前、神奈川・横浜市の京急電鉄に大型トラックが衝突し、複数の車両が脱線する大事故があった。

スポンサードリンク

【悲劇】京急電鉄が脱線事故!33人がけが

5日午前、神奈川・横浜市で京浜急行の電車にトラックが衝突し、車両が脱線する事故があった。現場には、午後1時20分現在、まだ電車が取り残されたままになっている。斜めになった状態で、特に前方部分のガラスが非常に激しく損傷していて、事故の衝撃の強さを物語っている。

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の踏切で、京浜急行の電車にトラックが衝突し、車両が脱線した。衝突の影響で、トラックが炎上したもよう。

神奈川県警と横浜市消防局によると、33人がけがをしているということで、67歳のトラック運転手の男性が意識不明の重体のもよう。けが人のうち6人は、横浜市の「けいゆう病院」に搬送される予定。電車の運転手も軽傷を負っていて、警察が事情を聴いている。

現場は神奈川新町駅近くの踏切で、目撃者によると、トラックが通りの角を曲がりきれないままに踏切に進入し、電車と衝突したという。このトラックには、レモンが入ったケースが660個積んであり、現場に散乱している。

脱線した電車は、京急本線下りの快速特急、青砥(あおと)発三崎口行きの8両編成で、先頭から3両目までが脱線している。

9月5日配信「Yahooニュース」(FNN)より

現場の場所は?

神奈川新町駅近くにある「神奈川新町第1踏切」

スポンサードリンク

脱線した電車の様子

京浜急行電鉄などによると

・青砥駅発三崎口駅行き下りの快特電車(8両編成)

・踏切を通過中に電車にトラックが横からぶつかり、先頭車両と2両目の車両が脱線
⇒先頭車両は大きく傾き、フロントガラスにひび

・乗客全員の避難は済んでいるが、復旧のめどは立っていない
⇒いずれも軽傷

・京急線は京急川崎駅と上大岡駅間の上下線で運転見合わせ

近くの事務所で働く50代男性「大きな音が聞こえ外に出ると、線路際にみかんが散らばっていた。3両目ぐらいから、乗客が脱出していた」

9月5日配信「Yahooニュース」(産経新聞)より

炎上したトラックは輸入ゆかんの運送会社?

警察によると

・衝突したのはレモン660ケースを積んだ12トンの大型トラックで、67歳の男性が運転していた
⇒”みかん”が散乱との報道も

・男性は電車の下敷きになり、病院に搬送されるなど重体

トラックが運んでいたみかんの箱には「ニュージーランド、ファースト、シトラス」と書かれていたそうで、そのことからトラックは輸入のみかんを運送する業者だったのではないかという憶測もみられた。

スポンサードリンク