【川崎】岩崎隆一容疑者は80代伯父夫婦と3人家族 幼少から”奇行”

【川崎】岩崎隆一容疑者は80代伯父夫婦と3人家族 幼少から”奇行”

川崎市登戸の路上で、カリタス小学校の児童ら19人を刃物で刺した事件で、犯行後に自殺した岩崎隆一容疑者(51)の人物像が続々と明らかになった。

岩崎隆一容疑者は、川崎市麻生区にある80代伯父夫婦と3人家族。幼い頃から奇行が目立ち、周囲から孤立していたそうだ。

スポンサードリンク

岩崎隆一容疑者とは


自殺した岩崎容疑者の中学の卒アル写真(NNN)より

生い立ち・家族は?

報道によると

・川崎市麻生区在住

・会社員だった伯父と専業主婦の伯母の3人暮らし
⇒夫婦の家には30年以上前から住んでいる

・一時は仕事もしていたが、最近は夜に出歩くなど、何をしているのか分からない状態だった

幼い頃に実親が離婚し、伯父夫婦に引き取られた

・最近になって丸刈りにした

・近所付き合いは少なく、岩崎隆一容疑者が住んでいるのを知らない住民も

・地元の小中学校に通っていて、当時は年上のいとこ達も同居していた
⇒2人はすでに夫婦のもとを離れている

・近隣では「隆ちゃん」と呼ばれていた

・現場から約4キロ先に自宅

・伯父夫婦は80代

数日前までは丸刈りではなかった

小中学校時代から”奇行”

岩崎容疑者を知る人達によると

庭木の葉が目に当たったと、早朝に怒鳴り込んできた
そんな岩崎隆一容疑者が事件当日の朝は何食わぬ顔で挨拶してきた

・小学校時代に友人の手を鉛筆で刺した

・他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢を覗く(産経)

・普段は大人しいが、ささいなことで暴れて教師を困らせていた

近くの友達に殴りかかったり、けんかをしてもいつも負けていた(AERA)
⇒次第に近寄る人もいなくなって、いつも一人でいた印象

・少年時代の岩崎隆一容疑者に「(飼い主の鳴き声が)うるせえんだよ。ぶっ殺してやろうか」と激怒された(モーニングショー)

スポンサードリンク

カリタス小学校が明かした岩崎隆一容疑者に関する情報


カリタス小学校の会見より

無言で走りながら、児童の列の後ろから切り付けた

・学園の関係者で、事前に犯行予告があったという事実はない

カリタス小学校の会見より

岩崎隆一容疑者の犯人像は?


とくダネ!より

元警視庁刑事・吉川祐二氏によると

なぜ丸刈りにしたのか

丸刈りではなかったというのが事実であれば、犯行を計画する段階で
最終的には自殺するということが、計画に入っていたのではないか

これから自殺する自分を小綺麗にするとか、そのような意味合いから
頭を丸めるということがある

土地勘があった?

・十数秒で19人を殺傷

・子どもたちの背後から犯行

子どもたちがバス停に並んでいることを知っていたのではないか

なぜ最初に小山さんを狙った?

犯行にとって邪魔な存在となる大人を先に排除
冷静に判断している

確実に殺そうという強い殺意

犯罪心理に詳しい碓井真史氏によると

犯行に事前にイメージして入念な準備をしていた

想像力があり、能力も高い人物と推測できる

通り魔的犯行では・・・

①立派な人
②幸せそうな人
③自分より弱い人

を狙う傾向がある

②と③に該当する可能性がある

・大量殺人⇒自分の有能さをアピール

・典型的な「拡大自殺」
⇒自殺志願者は他者を道連れにする

・自分がダメなのは社会のせい⇒社会への復讐

5月29日放送「とくダネ!」より

警察は強い殺意があったとみて、動機などの解明を進めた上で、岩崎隆一容疑者を死亡のまま書類送検する方針だ。

【追記】岩崎隆一容疑者の犯行ルートが判明!

モーニングショーより

Googleマップで見ると・・・

スポンサードリンク