【広島】冨田幸誠容疑者の特徴・足取りは?植松一広さん強盗殺人で指名手配

【広島】冨田幸誠容疑者の特徴・足取りは?植松一広さん強盗殺人で指名手配

広島市中区銀山町の住宅で、この家に住む植松一広さん(86)が殺害された事件で、広島県警は強盗殺人容疑で住所不定、職業不詳の冨田幸誠容疑者(34)を全国に指名手配したと発表。顔写真を公開した。

スポンサードリンク

冨田幸誠容疑者について

身長 約160cm
体型 小太り
髪型 黒の短髪
一重で黒縁メガネ着用
服装 黒のジャケット
茶色のスニーカー
その他 左手の親指に包帯

・広島市中区銀山町の住宅で植松一広さん(86)を刃物で殺害し、現金などを奪った強盗殺人の疑い

・現場近くの公園に残された血痕のDNAが、富田幸誠容疑者のものと一致したことから、富田容疑者の犯行と断定
⇒全国指名手配に

事件後の足取り

・県内の病院で左手の親指付近を9針縫う治療を受ける
⇒この時のDNAが決定的な証拠に

・22日午前9時頃に広島・福山市内のインターネットカフェを利用
⇒正午頃には福山駅構内の防犯カメラに似た男が映っていた

スポンサードリンク

植松一広さんについて


RCC中国放送より

20日午前6時半ごろ、広島市中区銀山町の住宅で血を流して死亡しているのを妻(88)が発見
⇒植松さんのかばんに物色の跡があり、室内には財布やカード類が散乱していたが、現金は見つからず

司法解剖の結果、死因は失血死と判明
⇒首の左側を数回刺されたことが致命傷となっていて、胸などにも10数か所切り付けられた痕が残っていた
⇒凶器は刃渡り12センチ以上の刃物とみられる(RCC中国放送)

・妻と2人暮らし

・簡易旅館「千龍荘」を営んでいたが、2002年に廃業(HOME広島ホームテレビ)

・障害者施設などでボランティア活動をしていた(毎日新聞)

人物像

植松さんの知人によると

「表の植木を掃除したり、表をほうきで掃かれたりしてて、元気そうなおじいちゃん」(フジテレビ)

「優しい人でトラブルがあるように見えなかった」(毎日新聞)

▼元千龍荘の地図

▼妖しくて魅力的な雰囲気

スポンサードリンク