【京都】大麻所持で逮捕された中学生が通う山科区の中学校を特定!

【京都】大麻所持で逮捕された中学生が通う山科区の中学校を特定!

大麻草を所持していたとして、京都市山科区の市立中学3年の男子生徒(15)が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。

逮捕された男子中学生が通う中学校は報じられていないが、当サイトの調査で中学校名を特定した。

スポンサードリンク

大麻所持で逮捕された中学生は音羽中学校の生徒!

▼中学校の外観

▼銘板や壁の色が完全一致。この組み合わせは山科区内では音羽中学校のみ

▼校門の外観も完全一致

スポンサードリンク

「悪いことをした」

京都市の中学3年の男子生徒が大麻を所持していたとして現行犯逮捕されました。

10月4日の昼頃、京都市山科区の中学校で『パイプのようなものを男子生徒が持っている』と生徒が教師に伝えました。

教師が男子生徒を見に行くと、ぐったりした様子で「悪いことをした」と話し、大麻の使用について、ほのめかしたため、学校が警察に通報しました。

その後、警察が男子生徒に事情を聴いたところ、乾燥大麻入りのポリ袋を持っているのが見つかり、男子生徒を大麻取締法違反で現行犯逮捕しました。

調べに対し、男子生徒は『持っていたのは大麻に間違いない』と話していて、警察が入手ルートなどを調べています。

京都市の教育委員会は、10月5日午後6時半から市内の校長やPTA、警察などが参加する緊急集会を開く予定です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-17395705-kantelev-l26

スポンサードリンク