ゆずソフト人気洋菓子店外観パクリ騒動 著作権侵害にあたるのか?

ゆずソフト人気洋菓子店外観パクリ騒動 著作権侵害にあたるのか?

衰退するエロゲ業界の希望の星「ゆずソフト」が先日、兵庫・三田市の人気洋菓子店「パティシエ・エス・コヤマ」の外観をパクリ、12月20日に発売される新作「喫茶ステラと死神の蝶」へ無断使用していた問題で、公式ホームページ上で謝罪した。ゆずソフトは、ゲーム内から該当箇所の背景画像をすべて差し替えると発表した。

今回の騒動のように、ゲーム内に実在の建物を登場させるのは著作権侵害にあたるのか。弁護士ドットコムの取材に応じた井奈波朋子弁護士が解説した。

スポンサードリンク

【パクリ】ゆずソフト、人気洋菓子店の外観を無断使用

・12月20日に発売予定のアダルトゲームの舞台に、人気洋菓子店「パティシエ・エス・コヤマ」の外観が無断で使用されていることが分かった

・制作側は著作権に抵触しないよう細部を変えたとするが、店側はイメージが損なわれかねないとして発売後の抗議を検討している

・ゲーム名は「喫茶(カフェ)ステラと死神の蝶(ちょう)」

・SNSで外観画像が拡散され、既にファンが舞台を巡る「聖地巡礼」が始まっている

・神戸新聞社の取材に、制作側は店の許可を取らずにモデルにしたと認めたが、店のロゴを消して石垣の色も変えるなどしているため「著作権の問題はない」と説明

情報・メディア法に詳しい関西学院大学大学院司法研究科の丸山敦裕教授「性的な場面で使えば営業妨害になる可能性もあるが、背景に使うだけなら削除などを求めるのは難しい」

店側「年齢制限があるゲームの性質上、客に不快感を与えかねない」
⇒発売後に使用を確認して対応を検討

11月22日配信「Yahooニュース」(神戸新聞NEXT)より

【酷似】比較画像


左:喫茶(カフェ)ステラと死神の蝶(ちょう)に登場する喫茶店、右:パティシエ・エス・コヤマ

ゆずソフト、パクリ認め謝罪 ゲーム内から該当箇所の背景画像をすべて差し替え対応 発売日の変更等なし


ゆずソフトHPより

スポンサードリンク

ゲーム内に実在の建物を登場 著作権侵害になる?

井奈波朋子弁護士によると

・建物は実用的かつ機能的な側面があり、その観点からデザイン上、制約される
⇒建物の実用的かつ機能的側面はアイデアであり、著作物として保護される表現ではない

・建築の著作物に該当するためには実用性や機能性とは別に、独立して美的鑑賞の対象となるような芸術性を具備していることが必要とされるが、パティシエ・エス・コヤマの場合、店舗の外観に独立して美的鑑賞の対象となるような芸術性を認めることは難しい

・仮に著作物であると認められたとしても、パティシエ・エス・コヤマは施主であり、建築の著作者は別人と思われ、パティシエ・エス・コヤマが著作権を主張することはできない

今回は制作側が断念したが、本当にゲーム内で建物の外観が描かれていたとしても、知的財産権を理由とするコンテンツからの削除の主張は困難と思われる

12月3日配信「Yahooニュース」(弁護士ドットコム)より

パクリ謝罪に対し、ファンの反応は?

カウントダウンネタ増えましたね()

早い対応さすがですね。 後はユーザーがその洋菓子店とやらに押しかけなければこの話題はすぐに消えるでしょう。解決解決。

作業頑張ってください!待ってます!

流石ゆずソやでぇ
是が非でも買わせていただく

柔軟な対応ありがとうです
延期しても待ちます(o^^o)b

迅速な対応だったので、批判はほぼ皆無だった。

スポンサードリンク