【朗報】居酒屋に偽名で予約→無断キャンセルした59歳男逮捕!「ガンガン取り締まれ!」「これで減るといいな」

【朗報】居酒屋に偽名で予約→無断キャンセルした59歳男逮捕!「ガンガン取り締まれ!」「これで減るといいな」

居酒屋に偽名を使って電話予約し、無断キャンセルしたとして、偽計業務妨害の疑いで職業不詳、小林恒夫容疑者(59)が逮捕された。

飲食店における無断キャンセルは、ネット予約などが原因で増加しているとされており、店側の損害が問題となっている。警察によると、検挙は珍しいという。

無断キャンセルによる逮捕を受け、ネットでは絶賛の声が相次いでいる。

スポンサードリンク

居酒屋に偽名で予約→無断キャンセルした59歳男逮捕 系列4店舗で58人分、30万円分の損害

居酒屋にウソの予約を入れた上、無断でキャンセルしたとして、59歳の男が業務妨害の疑いで逮捕された。

警視庁によると、偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、無職の小林恒夫容疑者。小林容疑者は今年6月、東京・有楽町の居酒屋に17人分、およそ22万円のウソの予約を入れた上、無断でキャンセルし店の業務を妨害した疑いがもたれている。

小林容疑者は他にも同じ時間帯に、同じ系列の4店舗に合わせて58人分、およそ30万円のウソの予約を入れていたという。

小林容疑者は偽名で予約していたが、店に伝えた電話番号から関与が浮上したという。

調べに対し、小林容疑者は「電話はしたが予約はしていない」と容疑を否認しているという。

11月11日配信「Yahooニュース」(NNN)より

逮捕された小林恒夫容疑者

逮捕までの経緯

6月28日夜、東京・千代田区の「のど黒屋 銀座数寄屋橋店」(閉店)に電話をかけ、「鈴木」という偽名を名乗り、1万3000円の飲み放題つきコース料理を17人分、約22万円の団体予約

来店せず、自動的にキャンセルされる

系列4店舗にも「鈴木」名義で8~20人分の予約をし、いずれも無断でキャンセルした

居酒屋の運営会社が被害を届け出る

電話番号から小林容疑者が浮上

逮捕

共同通信によると、5店舗で計75人分、総額51万円に上る被害があったという。

ネットでは、のど黒屋・銀座数寄屋橋店が閉店したのは無断キャンセルのせいではないかという声も上がっているが、本当の原因は不明である。

無断キャンセル逮捕に絶賛の声が相次ぐ

スポンサードリンク

飲食店における無断キャンセルは年間で2000億円とも言われている


経済産業省HPより

警察によると、無断キャンセルでの検挙は珍しいという。この一件を機に、無断キャンセルの検挙率が上がれば幸いだ。

スポンサードリンク