東名あおりエアガン犯人男、逮捕されれば最高8つの罪に問われる可能性

東名あおりエアガン犯人男、逮捕されれば最高8つの罪に問われる可能性

愛知・東名高速道路でトラックにヴェルファイアがあおり行為を繰り返し、エアガンを連射した事件で、今日放送された「ゴゴスマ」はこの事件を取り上げた。番組に出演した国際弁護士の清原博氏は犯人が逮捕された場合、器物損壊容疑の他に7つの罪に問われる可能性を指摘した。

スポンサードリンク

【東名あおりエアガン】犯人の男、逮捕されれば最高7つの罪に問われる可能性

清原博氏によると

1.車両の傷
器物損壊罪:3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

2.エアガンの発射
暴行罪:2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もくしは科料
軽犯罪法違反:拘留もしくは科料
「人の体に弾が当たっていなくても被害者を攻撃する行為として暴行罪に問えると思う」

3.エアガンの所持
銃刀法違反:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
「エアガンが人を傷つける威力がある場合、銃刀法では『準空気法』として所持が禁止されている」

4.車の窃盗
窃盗罪:10年以下の懲役または50万円以下の罰金

5.ナンバープレートの変更
道路運送車両法違反:3年以下の懲役または100万円以下の罰金

6.一連のあおり行為
車間距離保持義務違反:3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
安全運転義務違反:反則金6000~12000円(反則金を支払わなかった場合、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金)
など

9月13日放送「ゴゴスマより」

すべての罪に問われれば、最高で懲役19年。東名高速あおり運転事故で懲役18年の判決を言い渡された石橋和歩より罪が重くなる。

スポンサードリンク

朴一氏「これは殺人未遂に近いですよね」

これは殺人未遂に近いですよね。下手に当たって車が横転して死ぬ場合もありますからね
韓国ではあおり運転を「報復運転」って言っているんですよ。報復運転やって捕まった人は免許は一生停止。
だから日本でも厳罰化って言われているけど、こういう人は車を運転させないようにするシステムをどう作るかって変えていかないと、多くの一般人が巻き込まれます

9月13日放送「ゴゴスマより」

殺人未遂は死刑または無期もしくは5年以上の懲役。実際は20年以上の懲役になることはほぼないが、それでも重い懲役刑が下される。

あおりエアガンの犯人は逮捕されれば、当分は刑務所暮らしになるのはほぼ避けられない。捕まったら終わりということで、逃げるのに必死なのだろう。

スポンサードリンク