【家、ついて行ってイイですか?】五十嵐友理さん夫は元ホスト!?テレビで

【家、ついて行ってイイですか?】五十嵐友理さん夫は元ホスト!?テレビで

会社経営の男に大量の覚醒剤を飲まさせて死亡した五十嵐友理さん(当時28)。五十嵐さんは2017年3月18日に放送された「家、ついて行ってイイですか?~春!新たな人生の門出!SP」(テレビ東京)に夫とともに出演していたことが分かった。

番組では、夫との馴れ初めや”腐女子”であることを明かし、辛い過去も話していた。夫は元ホストで、当時はナンバー1だったそうだ。

スポンサードリンク

【家、ついて行ってイイですか】五十嵐友理さん、夫とともにテレビ番組に出演していた!?

番組は終電後の池袋を歩いていた五十嵐友理さんを直撃

インタビューによると

・銀座でホステス(当時)をしていた

・夫は元ホストで、現在は不動産会社で働いている

・五十嵐さんは26歳(当時)、旦那は36歳(当時)

・夫が初彼氏だった

・夫の行きつけのバーで知り合った
⇒当初は会話もなかったが、それから食事をして夫から告白
⇒五十嵐さんから結婚を申し込み、誕生日の1月4日に入籍

・夫と知り合うまで、アニメやドラマのCD等が恋人だった
⇒元カレはフィギュアと自称し、一緒に寝たり毎日添い寝CDを聴いていた

・声優・浪川大輔の大ファンで、ファンクラブに入ったり、握手会に当選すべくCDも毎回20枚買っている

・アニメくじを30回引いたり、好きなキャラのバッジに8000円もかけるほどの”腐女子”

・自宅は1Rで家賃は9万円
⇒自転車専用のメンテナンススペースがあり、エレベーターも自転車用だが、自転車には乗っていない
⇒弱虫ペダルの御堂筋翔に憧れて「デ・ローザ」を買おうとするも、金がなくて少し安い「ビアンキ」(約13万円)になった

・1歳の時に母親を亡くし、18歳の時には父親と祖母が亡くなった

・姉と2人になり、お嬢様暮らしから一転、何もない生活に
⇒その影響で精神を病んでしまい、3ヶ月ほど入院していた

・1人で寝られない生活が続いていたが、添い寝CDに出会い、毎日聴いていたところ、寝られるようになった
「変だと思うけど、それで私は人生を救われたんですよ」

▼声優の浪川大輔

▼弱虫ペダルの御堂筋翔

夫について

インタビューによると

・出身は千葉県浦安市

・中学卒業後に1人立ちしてアルバイトしながらバンド活動
⇒スカウトを受け、20歳くらいに歌舞伎町のホストに

・当時交際していた女性は自殺している

・女性のためにホストをはじめ、当時はナンバー1に

・自殺のショックでナンバー1から転落
⇒ホストをやめてメンズバーで働くなど職を転々

番組スタッフに、どのような家庭を築きたいか問われると

「ほっとできて温かければ」(五十嵐さんの夫)

「2人で幸せになれるだけで、それ以外は何もいらないです」(五十嵐さん)

と話していた

夫はNHKの取材に応じ、「妻は犬が大好きで、毎朝、私のシャツをアイロンがけしてくれる優しい女性でした。今は頭が真っ白で整理がつきませんが、犯人は許せない」と怒りをあらわにしている。

スポンサードリンク