【現在】山口真帆卒業か ツイッターから「NGT48」削除

【現在】山口真帆卒業か ツイッターから「NGT48」削除

NGT48の山口真帆が暴行被害を告発してから、まもなく1ヶ月が経過しようとしている。運営は世間が納得する説明をしないばかりか、加害者メンバーを守るような声明を出し、第三者委員会を設置して事件をうやむやにしようとしている。

暴行告発の1月8日以降、山口真帆をはじめとする被害者側のSNSはストップしているが、一方で加害者側のほとんどはSNSが再開されている。

山口真帆の必死の訴えとは何だったのかといいくらい、現状は何も変わっていない。むしろ悪くなっているだろう。

そんな中、山口真帆のツイッターのプロフィールから「NGT48」の表記が削除された。これを受け、グループから卒業するのではないかという声も上がっている。

スポンサードリンク

【卒業?】山口真帆ら、ツイッターから「NGT48」削除

NGT48のメンバーで、暴行被害に遭った山口真帆(23)のSNSから「NGT48」の表記が消え、ファンの間で心配する声があがっている。

山口はツイッターで被害のことを告白した1月8日以来、ツイートはしていないが、4日までに、NGT48を運営するAKSが暴行被害事件について第三者委員会を設置すると発表した関連ツイートをリツイートし、約1カ月ぶりに更新した。

そのタイミングで、プロフィールに記載されていた「NGT48」の表記が消され、ファンからは「え?NGTの文字消えてんねんけど?まほほん、辞めるん?」「NGTのプロフが無くなってます。山口さんが、重要な決意をされたと言うことですね」「NGT48を嫌いにならないで下さい。無理かも知れませんが。辞めないで下さい」などといったコメントが多数寄せられた。

また、山口のほかにも、菅原りこ、村雲楓香、長谷川玲奈の各ツイッタープロフィールからも同じく「NGT48」表記が消えたとして、ファンの間に動揺が広がっている。

2月4日配信「日刊スポーツ」より

▼事件直後のツイッター(左)、現在(右)

ツイートにいいね!して何かを訴える

・NGT運営や加害者メンバーへの批判

・NGT事件の風化で起こりえる加害者からの報復や他メンバーへの被害などの弊害

・事件後、何事もなかったかのように振る舞うメンバーへの批判

などのツイートがほとんどだが、事件の真相に迫るような投稿もいいね!している

▼山口真帆の電話番号はごく一握りの人だけ知っており、その中から誰がバラしたのか確認できる

▼番号を知っているのはスタッフ、家族、太野綾香、村雲颯香、菅原りことその母親のみ

▼買い替えた番号を知るのはNGT以外の人はいないはず

▼NGT運営がスポーツ紙などに火消しを依頼していたという週刊新潮の報道

▼長谷川玲奈のフォローした順番を指摘した画像

だって荻野って今回だけNGTメンバーに絡んできてるけど
普段はNGTメンバーとは絡むつもり全然ないもん
これの長谷川見ればだいたいがわかる

スポンサードリンク

NGT運営や加害者側は何事もなかったかのようにツイッター再開

NGT48公式アカウント

加害者側と疑われているメンバー

山田野絵、”北川元マネージャーへのガムテープぐるぐる巻き疑惑は”否定

高橋真生のガムテープ疑惑に関しては言及せず

「NGTの公式のウェブサイトに掲載されている内容は全て真実」

いなぷぅ、ツイート全消しして復帰

次のターゲット決定か

「アイドルなんて幻想」

スポンサードリンク