【痛い】ぼくのりりっくのぼうよみ、ネットのノリで煽りまくって炎上→「今はリア友の竹田が書き込んでます!」と保険をかける【自称天才】

【痛い】ぼくのりりっくのぼうよみ、ネットのノリで煽りまくって炎上→「今はリア友の竹田が書き込んでます!」と保険をかける【自称天才】

天才メジャーアーティストを自称するシンガー・ソングライター・ぼくのりりっくのぼうよみ(20)がツイッターで、香ばしいツイートを繰り返している。ついにはネットのノリでファン共々煽りだし、批判が殺到している。

スポンサードリンク

ぼくのりりっくのぼうよみ”痛ツイート”4選

痛指数1:「天才メジャーアーティスト様だ」

痛指数2:あえて「辟易(へきえき)」という難しい表現を使い、その意味をドヤ顔で説明して頭良い人アピール

痛指数3:「才能なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった」

痛指数4:「ぼくのりりっくのぼうよみ『天才』を辞すことに致しました。生まれガチャで引いてしまった自分の才能に押し潰されていました」

特に「生まれガチャで引いてしまった」というのは、2chやまとめサイトのコメント欄に書き込まれているような表現だ。恐らく、よく出入りしているのだろう。

ファン共々煽りまくって炎上

ぼくのりりっくのぼうよみは、アンチの意見が欲しかったようだが、実際アンチの声はほぼ皆無で、むしろ「ファンだけど天才だと思ったことないよ」「あなたの音楽は結構好きだったのに残念です」「次のライブに向けて予約してたホテルを早急にキャンセルし、チケットは破り捨てます」などファンを裏切る結果となった。

さらに「あんたアホなん?うざすぎる説教ババアのお金のお陰で今の生活があるんだろ」「なんでも言っちゃえるオレかっこいいみたいなのダサすぎ」などファンでもアンチでもない人達から批判が殺到した。

炎上後、ぼくのりりっくのぼうよみは【お詫び】として一連の暴言を謝罪したが、添付画像で煽りに来ており、まったく反省していない模様。また「お前は天才じゃない」「自意識過剰だ」などと批判されたことに、「出る杭は打っておかないと不安で仕方ないですか?」と煽り、「何言われようと好きに生きるのが僕の仕事です」と反論した。

スポンサードリンク

「今はリア友の竹田が書き込んでます!」

炎上から一夜が明けた29日、ぼくのりりっくのぼうよみツイッターに変化が起きた。ぼくのりりっくのぼうよみのリア友を名乗る「竹田」という人物が代理でツイートしたのだ。

代理投稿に伴い、プロフィール欄も変更された。以下、変更前(左)と変更後のプロフである。

突然の代理投稿となったわけだが、「これも全部一人劇場とかだったりしたらなおサイコパs」「竹田くんはぼくりりくんの頭の中の住民ですか?」などぼくのりりっくのぼうよみの自作自演を疑う声が飛び交った。

▼自称・竹田ぼくりりソングおすすめソング

スポンサードリンク