北朝鮮で拘束された日本人は「自称・映像クリエーター」の39歳男性と判明 ユーチューバーか

北朝鮮で拘束された日本人は「自称・映像クリエーター」の39歳男性と判明 ユーチューバーか

北朝鮮を旅行していた日本人男性が、当局に拘束されたことがことが、わかった。報道によると、拘束されたのは自称・映像クリエーターの39歳男性。5chでは、ユーチューバーではないかとの憶測が飛び交っている。

スポンサードリンク

北朝鮮で自称・映像クリエーターの39歳日本人男性が拘束

北朝鮮を旅行していた日本人の男性が、当局に拘束されたことが分かった。複数の日本政府関係者によると、拘束されたのは自称・映像クリエーター、39歳の日本人男性。

男性は13日帰国予定の旅行会社のツアーで北朝鮮に入ったが、その後連絡がとれなくなっていた。男性は北朝鮮西部の南浦で、軍事施設を撮影したため拘束されたという情報があるが、安否など詳しいことは明らかになっていない。

日本政府は情報収集を急いでいて、政府関係者によると、11日にも男性が北朝鮮から出るという情報もあったが、これまでに北朝鮮当局からの連絡はないということで、長期化するとの見方も出ている。

一方、国際会議などを終え、経由地の中国に滞在していた北朝鮮の李容浩外相は、問いかけには答えず、無言のまま空港を後にした。

http://www.news24.jp/articles/2018/08/11/10401218.html

スポンサードリンク

拘束された日本人男性はユーチューバー?

北朝鮮で拘束されたのは自称・映像クリエーターの日本人男性ということで、5chではユーチューバーではないかと噂され、2人のユーチューバーが浮上した。

1人目は、人気ユーチューバーのジョーブログ。ジョーブログは昨年5月に北朝鮮を訪れており、今年も行ったのではないかということで、候補に挙がった。しかしジョーブログは、今年5月にアフリカに飛び、今日になって帰国している。

2人目は、夏目五郎という人物。7月20日に投稿された動画で、北朝鮮に行くことになったと明かし、8月4日から北朝鮮の旅動画を投稿していたが、8月6日の投稿を最後に更新がストップしている。

7月20日の動画では、北朝鮮での儲け話を知人から持ちかけられ、同行することになったと経緯を説明。ツアー会社を使って複数人で行き、一週間ほど滞在すると話している。

8月4日の動画では、北朝鮮は直行便はないため、成田空港から中国の瀋陽市に行き、そこから北朝鮮の平壌に入ったと話している。

およそ一週間後の13日帰国予定、朝日新聞によると、男性は複数人で行動していたということで、拘束されたのは夏目五郎説が濃厚だが、夏目五郎は1987年5月12日生まれの31歳と年齢が合わない。しかし複数人で行動していたので、連れの誰かが拘束された可能性もある。

時事通信によると、北朝鮮が拘束男性を事実上の「人質」として、日本政府との「交渉カード」に利用し、揺さぶりをかけてくる可能性が高いという。また拘束した日本人男性に記者会見をさせ、「日本の情報機関の指示でスパイ活動を働いた」などと「罪の自白」をさせたりすることも考えられる。

続報→北朝鮮で拘束された日本人男性はユーチューバーではなかった!映像クリエイターのスギモトトモユキさんと特定

スポンサードリンク