【続報】駅のホーム飛び移ろうとした男、奈良市役所道路建設課の職員と判明!

【続報】駅のホーム飛び移ろうとした男、奈良市役所道路建設課の職員と判明!

男が駅のホームから向かいのホームに飛び移ろうとして線路内に落ちる動画がネット上で拡散している騒動で、奈良市は男が奈良市役所・道路建設課の職員であることを認めた。奈良市は処分を検討している。

【前回】

スポンサードリンク

【続報】駅のホーム飛び移ろうとした男、奈良市役所・道路建設課の30歳職員と判明!

奈良市の男性職員が駅のホームから向かいのホームに飛び移ろうとして線路に落ちる動画がインターネット上に投稿され、拡散していることがわかりました。奈良市は「市の信頼を失墜する行為だ」として処分を検討しています。

奈良市と近鉄によりますと、動画は近鉄奈良駅の降車専用ホームで撮影されたとみられ、男性が走り幅跳びのようにおよそ3メートル離れた向かいのホームに飛び移ろうとして線路に転落し、はい上がる様子が写っています。

動画はインターネット上に投稿されて拡散し、20日午後5時の時点で200万回以上、再生されています。

18日、奈良市に問い合わせがあり、写っていた人物と似ている道路建設課の30歳の男性職員に確認したところ、自分だと認めたということです。

男性職員は「友人と酒を飲んだ帰りに、ひと駅乗り過ごし、ホームを移ろうとやってしまった。軽率だった」と話しているということです。

職員は撮影時期は覚えていないということですが、電車のデザインなどから去年3月までの3年余りの間とみられています。

動画は友人が閲覧できる人を限定してインスタグラムに投稿しすぐに削除したということで、その後、動画が拡散した理由はわからないということです。

奈良市は「市の信頼を失墜する行為だ」として、職員の処分を検討しています。

近鉄広報部は「重大事故につながるおそれがあり、このような行為は絶対にやめてもらいたい」としています。

1月20日配信「NHKニュース」より

道路建設課の業務

①道路・橋梁の新設、改良の計画及び施工:道路の新設や改良

②交通安全施設の整備:歩道の整備、防護柵・路面標示・交通安全啓発看板の設置

③電線類の地中化と無電柱化の促進:市街地の幹線道路や快適な通行空間の確保、災害の防止、歴史的街並みの保全に資する箇所を選定するとともに、無電柱化事業を促進

④通学路の整備:道路の整備及び防護柵、路面標示等の安全施設の整備

⑤橋梁の点検・長寿命化事業・耐震補強事業:
全ての橋梁の点検を実施、状態を判定し、早期に対応が必要な橋から長寿命化修繕工事を実施
大震災に対し橋梁の落橋や倒壊などの状況を防ぎ、緊急物資の輸送路としての安全を確保するための橋梁耐震補強事業も

⑥土木施設(道路)災害復旧事業:災害に伴う道路崩壊等の市道の復旧工事

⑦街路事業

奈良市HPより

スポンサードリンク

ネットの反応

電車での事故で無くて幸いでしたが
職員としてはあるまじき行動です。
此れでは客に危険行為の注意する事が出来ないのでは!

こんな奴のせいで、私含む関係ない別の公務員まで税金泥棒等の非難を浴びる事は非常に腑に落ちない。酒のせいなど言い訳せずに即刻辞めるべき。個人的には大事故に繋がりかねない危険行為なので懲戒免職でもいいと思う。

この人はよほど自信があったのでしょうが、残念ながら近鉄本線は標準軌(1435ml)なのですよ。JR在来線のように狭軌(1067ml)だったら拍手喝采ものだったでしょうが、それでも近鉄の人に見つかったら、やはりこっぴどく怒られていますね。

何故、飛び移れると思ったのか、是非知りたいわ。
そして失敗して転落ってウケる。当たり前じゃん。
そのまま電車来ちゃえばよかったのに。

スポンサードリンク