【コンテンツ不足】ダイパリメイク、発売1ヶ月で買取価格が3000円台に ピカブイは4000円に高騰

【コンテンツ不足】ダイパリメイク、発売1ヶ月で買取価格が3000円台に ピカブイは4000円に高騰

11月19日に発売されたダイパリメイク。発売から1ヶ月が経ったばかりだが、すでに買い取りが4000円を切っている。

スポンサードリンク

ダイパリメイク、発売1ヶ月で買取価格が4000円切

筆者がよく行く地方の某店で18日、ダイパリメイクの価格をチェックしたところ

新品:6490円
中古:6100円
買取:3800円

だった。

調べた限り、ブックオフも3800円、ゲオは3600円と、200円も安い買取だった。

発売からわずか1ヶ月で、6000円台のゲームが買取3000円台になるのは早いのではないか。

やはり、クリア後のエンドコンテンツの少なさが原因だろう。バグで話題を持たせていたのに、それを修正するが代わりとなるコンテンツは一向に提供されない。そのため、飽きられて大量に売られ、結果、買取が暴落したのだろう。

22日のアプデもバグ修正だけだったため、ますますダイパリメイク離れは加速すると思われる。

別ゲーだが、スマブラSPは4600円、マリカー8デラックスは4000円の買取で、いずれもダイパリメイクより高かった。スマブラSPは3年前、マリカー8デラックスは4年前に発売したゲームだが、現在も高価格がつけられている。

スポンサードリンク

ピカブイの買取が高騰

一方、剣盾は

新品:6380円
中古:5900円
買取:3800円

と、2年前に発売したゲームでありながら、新品も中古もほとんど落としておらず、買取はダイパリメイクと同じだった。

また、ピカブイは買取がなんと4000円と、ダイパリメイクより高かった。新品と中古は在庫切れなのかなかった。

3年前に発売したゲームが、1ヶ月前に出たばかりのゲームより買取が高いという状況。剣盾はジラーチ、ピカブイはミュウがダイパリメイクとの連動でもらえるため、こぞって買う人がいて需要が高まった可能性がある。

これもある意味ダイパリメイクのおかげだが、ダイパリメイク自身のコンテンツも充実させてほしいものだ。

スポンサードリンク

※「コメント」以外の入力は任意です
※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください