【ジャンプ+新連載】ダンダダンは高倉健が“イチモツ”を取り戻す物語!?作者は藤本タツキ先生や賀来ゆうじ先生のメインアシ

【ジャンプ+新連載】ダンダダンは高倉健が“イチモツ”を取り戻す物語!?作者は藤本タツキ先生や賀来ゆうじ先生のメインアシ

4月6日より、少年ジャンプ+で龍幸伸による新連載「ダンダダン」がスタートした。

スポンサードリンク

ダンダダンとは?1話のストーリーを紹介

ダンダダンは、幽霊を信じないオカルトマニアの高倉と、宇宙人を信じない高倉健好きの綾瀬とのオカルティック青春物語。

1話では、幽霊を信じない高倉は絶対出るとネットで有名な心霊スポットに、宇宙人を信じない綾瀬はUFOの聖地と呼ばれる廃病院へ向かう。

高倉は、かけっこで負けたら呪われる「ターボババア」と遭遇。電話越しで高倉の悲鳴を聞いた綾瀬は現場に向かおうとするが、惑星セルポから来たセルポ星人を名乗る宇宙人に襲われ、貞操の危機に立たされる。

絶体絶命の綾瀬だが、スマホからターボババアに呪われ“ターボ高倉”となった高倉が登場。綾瀬も超能力に目覚め、見事セルポ星人を倒す。

しかし、高倉の呪いは解けておらず、ターボババアを倒しにトンネルへ行くことに。高倉の「ジブン、不器用なんで…」にドキドキする綾瀬。たまたま高倉健のセリフを言ったからビックリしただけとし、高倉に名前を聞くと、なんと「高倉健」と名乗り赤らめる綾瀬で幕を閉じた。

スポンサードリンク

作者の龍幸伸先生は藤本タツキ先生や賀来ゆうじ先生のメインアシ!

▼賀来ゆうじ先生も大絶賛!

ダンダダンに対し、ツイッターでは

想像以上にぶっ飛んでますね

まさかここまでやべぇ漫画が隠れてたとは……引き込まれたの一言に尽きる。ファンになっちゃったよ…

最初の方から面白さがじわじわと出てきたと思ったら後半の熱くなる展開とても良かったです!
今後が楽しみなのと早く話題になって欲しいです

最後、声出して笑っちゃいました!
絵柄も魅力的だし見やすくていいです。
ストーリーも、ぶっ飛んでましたね!
次回も期待大

ぶっ飛んでて面白かったです!
賀来先生が仰る通り画力がえげつなくて好きです…毎週の楽しみが増えました!!

めちゃくちゃ面白い。オチが予想外だった (笑)

など、絶賛の声が相次いでいる。

スポンサードリンク

※承認制