【11話】モルカー先祖のモルモット、マンモスと同じくらいの大きさだった!現代では絶滅も1話に登場し謎が深まる

【11話】モルカー先祖のモルモット、マンモスと同じくらいの大きさだった!現代では絶滅も1話に登場し謎が深まる

モルカー11話に、モルカーの先祖として実写版モルモットが登場。その設定に驚愕の声が飛び交っている。

スポンサードリンク

モルカー先祖のモルモット、マンモスと同じくらいの大きさだった!

画像は、モルカー11話で博士が見ていた図鑑に書かれていたもの。

おおむかし、マンモスと同じくらい大きいモルモットが生息していたと言われている。
とても穏やかな性格を持ち、人間たちに癒しを与えていた。
背中に乗せて遠くに連れて行ったりもしてくれて、この頃から乗り物としても役に立っていた。

なんと、モルカー先祖のモルモットはマンモスと同じくらいの大きさだったのだ。しかし、博士たちの前に登場したモルモットは通常よりかなり大きかったが、マンモスクラスではなかった。

スポンサードリンク

ツムギちゃんは監督の姉が飼っていて、1話にも登場!

モルカーの先祖として登場したモルモットのツムギは、見里朝希監督の姉である瑞穂さんが飼っている「つむぎ」本人だ。このツムギは、1話で本人出演の監督が遊ぶスマホゲームにも登場していたが、現代ではモルモットは絶滅しており、謎を深めている。

スポンサードリンク

※承認制