【ダブル】ポケモン剣盾ランクマ・シーズン15、実際に強かった禁伝…やっぱり今回も◯◯だった!

【ダブル】ポケモン剣盾ランクマ・シーズン15、実際に強かった禁伝…やっぱり今回も◯◯だった!

ポケモン剣盾ランクマッチ・シーズン15から2週間以上が経過し、環境はひとまず固まったと思われる。

シーズン15では禁伝が1体だけ手持ちに入れられるが、結局強い禁伝は何なのか。この記事では、実際に使った、または使われて強かった禁伝を紹介する。

スポンサードリンク

ポケモン剣盾ランクマ・シーズン15、実際に強かった禁伝

1.カイオーガ

ダブルバトルが導入されたRS時代からトップメタのカイオーガ。XYではゲンシカイキと専用技「こんげんのはどう」が追加されたが、ゲンシグラードンやメガレックウザに一歩劣るイメージがあった。

ポケモン剣盾では、ゲンシカイキもメガシンカも廃止されたため、再びカイオーガがトップに躍り出た。素早さが変化した場合、そのターンから反映される仕様となり、味方の先制おいかぜからのしおふきでの制圧が可能となった。

筆者は化身トルネロスでおいかぜし、カイオーガのしおふきで制圧しながら、トルネロスも必中となった「ぼうふう」や水タイプの威力100となったウェザーボールで殴っていく構築を使った。

過去作では、先制するため「こだわりスカーフ」を持たせたり、ゲンシカイキは「あいいろのたま」を持たせる必要があったが、ポケモン剣盾ではこれらを持たせる必要がなくなった。しんぴのしずくを持たせることで、水技はゲンシカイオーガを超える。

一方、ゴリランダーのグラススライダーで縛られるが、ダイマックスすることで耐え、単体攻撃になるが威力150の雨ダイストリームを放つこともできる。

カイオーガは基本的に、しおふきで相手全体を制圧していき、状況に応じてダイマックスするのが強いと思う。

2.グラードン

ゲンシカイキを失ったが、ポケモン剣盾でも余裕で活躍できる。フシギバナやリザードン入りの晴れパに含まれていることが多く、素早さを下げてトリル下で上を取ってくる動きもみられた。

シーズン15でも猛威を振るっているレジエレキにめちゃくちゃ強く、ダブルでは貴重な地面タイプ。ポケモンランキングでは25位と下の方だが、カイオーガ同様、トップ10入りしてもおかしくないスペックを持っていると思う。

ポケモン剣盾のGSダブルでは、カイオーガとグラードンの2強だと感じている。

スポンサードリンク

3.バドレックス

カイオーガやグラードン以外に強い禁伝と言えば、2種の馬と合体したバドレックスだと思う。

白バドレックスは攻撃・防御・特防が高く、特攻は平均ほどで素早さは低い鈍足物理アタッカー。そのため、トリル下で上から殴る動きが多い。

黒バドレックスは真逆で、特攻・素早さが高く、他は平均ほどの俊足特殊アタッカー。ワイドフォースを覚えるため、サイコフィールド下で連打するのも強い

特性「じんばいったい」はきんちょうかんと馬の特性をあわせもつ。威力120の全体技がタイプ一致で撃て、2匹同時に倒せば火力を一気に2段階上げられる。

白バドレックスは「じゃくてんほけん」を持っていることが多く、いずれも能力が上がるとダイマックスしてくることが印象だ。

---------------------------------------------

以上が実際に強いと感じた禁伝だ。シーズン15が始まる前に強いと言われていたザシアンは

・持ち物は実質、「くちたけん」で固定

・ダイマックスできない

・単体技しかない上にレパートリーが少ない

などから型がほぼ固定化され、対策が容易なためあまり強いとは思わない。

イベルタルは、ぎゃくじょうが発動したGファイヤーに飛行技の火力で劣り、ダークオーラは相手の悪技を強化してしまうのが欠点だ。

ディアルガは特攻150あるが、インフレしているポケモン剣盾では禁伝としては物足りない。特性もプレッシャーとかだし、禁伝枠を使ってまで採用するメリットをあまり感じられない。

禁伝を迷ったら、カイオーガ、グラードン、バドレックスのどれかを採用すれば間違いはないと思う。

スポンサードリンク

※スパム・荒らし対策のため承認制です
※承認は確認次第するため、同じ内容の連投はご遠慮ください