【14話解説】ひぐらしのなく頃に業の時系列、解の5年後と判明!梨花以外にループする者を殺すのが目的!?でもあと5回でダメならあきらめるそう

【14話解説】ひぐらしのなく頃に業の時系列、解の5年後と判明!梨花以外にループする者を殺すのが目的!?でもあと5回でダメならあきらめるそう

ひぐらしのなく頃に業14話が、1月7日に放送された。新年1発目の放送だが、今回から新編「猫騙し編」が展開される。

過去3編同様「騙し」と付くが、ベースになったエピソードはなく完全新編となる。猫騙し編では、祟騙し編の結末が描かれたり、ひぐらしのなく頃に業の時系列が“解”の5年後と判明するなど、いろんなことが明らかになった。

当サイトではこれまで、ひぐらしのなく頃に業と旧作の違いを紹介したが、今後は完全新編となるため各話の解説でお届けする。

スポンサードリンク

ひぐらしのなく頃に業14話の解説

祟騙し編、やはり大石が発症していた!

沙都子を救い順風満帆に向かったと思いきや、バッドエンドで幕を閉じた祟騙し編。クリスマスに血だまりを見せられ、一同「意味が分からない」という幕引きだったが、その結末が冒頭に描かれた。

綿流しの後、古手神社の境内で大石が拳銃で皆を殺した、とレナから語られた結末。その経緯だが、

いなくなった圭一と沙都子を待つ部活メンバー。そこへ血まみれのバッドを引きずる大石が現れる

大石はL5を発症しており、周囲の村民を次々と射殺

梨花を助けようと大石に飛び込む詩音と魅音だが、あっけなく射殺される

2人を失い全てを諦めた梨花に対し、大石の無慈悲なバッドが襲い掛かる

大石が発症した経緯は描かれていないが、オヤシロ様の祟りの黒幕は梨花と思い込んでおり、その辺りがトリガーになったと思われる。

また、レナただ一人生き残ったのは単に運が良かっただけのようだ。

なお、富竹と鷹野は生きていたようだ。

圭一を殴った鉄平は本物!?

祟騙し編で圭一と死闘を繰り広げた鉄平。ネットでは、あの死闘は幻覚なのではないかと言われていたが、猫騙し編で沙都子が血まみれで現れたことから幻覚ではなかったことが確定した。

また、圭一とヤリあったのは鉄平ではなく大石だったのではないかという考察もあったが、ぱっと見無傷の大石が登場したことから、その可能性もなくなった。

つまり、あの鉄平はやっぱり本物だったのではないか。大石が持っていたバッドは死闘の後、大石が持ち出したものと思われる。

一方、バッドに凹みが増えているのが気になるところだ。誰かを撲殺してきた後なのだろうか。


13話より

14話より

スポンサードリンク

今後は誰に殺されたか覚えていられる!

大石に殺されたことを覚えている梨花。羽入いわく、この世界に残っていた自身の力を全て近い、梨花の能力を一時的に修復したという。

旧作では、殺される直前の記憶は失われるはずだったが、今後は全て覚えていられるようだ。その特典が今回から付いたということで、鬼騙し編と綿騙し編で梨花を殺した犯人が黒幕なのではないか。

ひぐらしのなく頃に業は“解”の5年後!

ひぐらしのなく頃に業は、2007年に放送された「ひぐらしのなく頃に解」の数年後の未来だとされていたが、その時系列は5年後と判明した。梨花は昭和58年の時点で小学6年生と推定され、その5年後なので高校2年生と思われる。

また、梨花は離れた土地で念願だった新しい生活を手に入れたと語っていた。大人梨花は詩音が通う聖ルチーア学園のものとみられる校章を付けており、同じ学校に通っているのだと思われる。

女王感染者である梨花が雛見沢から離れると感染者が発症するため離れられないはずだが、未来では克服されたんだろうか。

梨花とは別にループする者を殺す

羽入は梨花以外にループしている者がおり、それを殺すことができる「真剣・鬼狩りの竜王」は祭具殿にある仏像の中だとも伝えた。しかし、誰を殺せばいいのかは語られず、剣もすでに持ち出されていた後だった。

また、OPのカケラは剣の一部だったことが明らかとなった。

OPより

14話より

スポンサードリンク

綿騙し編の梨花殺しは魅音の仕業?

かくれんぼで梨花を探す部活メンバー。魅音は学校のトイレを探していた。

綿騙し編では、梨花はトイレの便槽に遺棄されていた。圭一がトイレを探した際は鍵がかかっており、猫騙し編で鍵は魅音が持っていたことが明らかとなった。これは、綿騙し編の梨花殺しは魅音だったと暗示しているのではないか。

ループはあと5回=猫騙し編は全6回!?

梨花は今回のループについて、あと5回やってダメなら諦めると決めた。羽入いわく、すでに100年の旅を経て疲弊しきっており、この5年で擦り切れた心は多少回復しているが長くは続かないそうだ。

現に、カケラの世界に召喚された梨花はひどくうろたえていた。旧作の梨花は腹を裂かれてもケロッとしていたのに…。

梨花も公式も「あと5回」としており、次回もそのまま続くことから、猫騙し編は全6回の可能性がある。その後、旧作の「祭囃し編」にあたる最終章が展開されるのではないか。

2クール突入にあたり、OPやEDは変わらないとみられるが、映像が変わっていると思いチェックしたが、いずれも変化はなかった。放送前に公式がOPの宣伝をしており、何かあると思ったのだが…。

スポンサードリンク

※承認制