【祟騙し編】ひぐらしのなく頃に業11話、祟殺し編との違い 皆殺し編ルート突入も「このまま上手く行くとは思えない。嵐の前兆」

【祟騙し編】ひぐらしのなく頃に業11話、祟殺し編との違い 皆殺し編ルート突入も「このまま上手く行くとは思えない。嵐の前兆」

ひぐらしのなく頃に業11話が12月10日に放送された。この日は祟騙殺し編の3回目。祟殺し編との違いをまとめた。

スポンサードリンク

ひぐらしのなく頃に業11話、祟殺し編との違い

皆殺し編ルートに突入

・児童相談所への押しかけに校長がいない
→というか、ここまで一度も出ていない

・知恵先生が過去作より協力的
→過去作ではあまり騒ぎ立ててほしくない感じだった

スポンサードリンク

このまま上手くいくとは思えない

皆殺し編ではこの後、園崎家と和解し、園崎家の協力の元、鉄平の逮捕に踏み切り、沙都子を救出する展開となる。しかし、このまま上手く行くとは思えない。

過去作と異なり、沙都子への虐待シーンやその痣などがみられないからだ。頭を撫でようとした圭一を振り払い、その後、わざとらしく発狂したのも怪しい。また、鉄平が頓服薬を服用しているのも無視できない。

そして、最後の大石。大石は祟殺し編では圭一に暴力を振るうなどしていたが、皆殺し編では協力的だった。しかし、祟騙し編では最後まで敵サイドと思われる。

今後の予想だが、皆殺し編同様、みんなと協力して鉄平逮捕に踏み切ろうとするが、鉄平は本当に虐待しておらず、むしろ何らかの病気で沙都子が看病していたことが判明。

しかし、逮捕されたことで看病できなくなり、獄中で死亡。沙都子はブチギレ、大石は虚偽の事実で鉄平を追い詰めたとして、関係者をしょっ引くみたいな展開もあるかもしれない。

ひぐらしのなく頃に業は過去作と結末が異なり、それが反転していると考察されている。つまり、沙都子は虐待されておらず、鉄平も良い人なのではないか。

スポンサードリンク

※承認制