【初見勢に解説】北条鉄平はなぜ人気?強面クズが“きれいなてっぺい☆”改変MADでカルト的支持

【初見勢に解説】北条鉄平はなぜ人気?強面クズが“きれいなてっぺい☆”改変MADでカルト的支持

ひぐらしのなく頃に業9話に、ついに北条鉄平が登場した。公式ツイッターも「令和の鉄平はいかがでしたか?」とツイートし、古参勢は心震えたことだろう。

一方、初見勢は「???」などが浮かんでいるのではないか。チンピラ風の中年男で、冒頭から横暴な態度を見せ、ラストには沙都子に危害を加えるようなシーンがあり、なぜここまで人気なのか分からないと思われる。

この記事では、鉄平の人気について紹介したい。

スポンサードリンク

北条鉄平とは

北条鉄平は、悟史や沙都子の叔父にあたる人物。雛見沢の隣町にある興宮に住んでいるが、財産目当てに北条家を訪れる。

家に戻らないと悟史の部屋を燃やすと脅して沙都子を連れ戻し、学校に登校させず度々酒を買わせに行かせたり、虐待を繰り返していた。1万かぞえるまで風呂など殺人未遂などもやらかし、旧原作では性的暴行があったかのようなテキストもある。

圭一に頭を撫でられただけでフラッシュバックして突き飛ばしたり、校長が鉄平に見えて恐怖するなどのトラウマを与えた鉄平。当然、多くの人から反感を買っており、特に沙都子との親交が深い部活メンバーはブチギレ。祟殺し編では圭一に撲殺され、皆殺し編でも詩音が殺そうとする。

また、愛人の間宮リナと共謀し結婚詐欺もしており、レナの父がターゲットにされると、リナとともにレナのナタの餌食となる。

間宮リナ

鉄平を放置すれば沙都子が救われず、いざ殺したら疑心暗鬼となるため、鉄平の件は過去ループにおける山場の一つだった。

「きれいなてっぺい☆」で一躍人気者に

そんな“ドクズ”な鉄平だが、「ひぐらしのなく頃に解」が放送していた頃から、ニコニコ動画で「きれいなてっぺい☆」に改変したMAD動画が流行りだした。

きれいなてっぺい☆を一躍有名にしたとみられているのだが、「ダラズ伝説鉄平」というMAD動画。決して多くない鉄平のシーンをつぎはぎし、沙都子をはじめとする部活メンバーの窮地を救ったり、時には庇って死亡するといった改変がされている。

ここぞという場面では原作のBGMを使い、別キャラの決めセリフを当てたりするのだが、素材が家のシーンばかりなため、度々コメントで「家から出ろww」などとツッコまれている。

センスあふれる編集と、それに対するコメントで成り立っている「ダラズ伝説鉄平」。ニコニコ動画のコメントが画面に流れる仕様をフル活用しており、YouTubeで同じものを見たとしても、その面白さは再現できない。気になった人は一度みてほしい。

なお、「てっぺい☆」はドクズ鉄平と区別する時に使われるようだ。

ほかにも、ひぐらしのなく頃に解OP「奈落の花」とのシンクロ率が高いため、梨花が走る映像を圭一から逃げる鉄平に差し替えた動画も人気である。

スポンサードリンク

元ネタは原作の改変MAD

「…わしを、信じて」と鉄平。これは旧原作(PC)の罪滅し編で、圭一がレナと魅音を撲殺するのを思い出すシーンを鉄平に置き換えたもの。圭一が鉄平を殺した時も撲殺だったので見事にハマっている。

前半には原作での鉄平ではなく、改変された「きれいなてっぺい☆」だったと思い込む圭一が描かれている。

ドクズだった本編とのギャップが受け、以降「きれいなてっぺい☆」が定着したそうだ。

公式も「きれいなてっぺい☆」に便乗?

そんな「きれいなてっぺい☆」に公式も便乗したようで、公式アンソロジー「ひぐらしのなく頃に 語咄し編」に、鉄平を主人公とした「里恋し編」が収録された。

この話では「きれいなてっぺい☆」となり、沙都子と北条家で暮らすことになる。沙都子に対して最初からフレンドリーで、これまでの非礼を詫びることも。

終盤には“元愛人のリナ”が沙都子を人質に取り、鉄平は沙都子を取り返すべく走るストーリーが展開される。

▼里恋し編はコミックアンソロ3巻などに収録

また、「ひぐらしのなく頃に」のファンディスクとして頒布された「ひぐらしのなく頃に礼」のお疲れ様会で、鉄平は自身の役柄に関して「子供をいじめるのは好きじゃない。沙都子と仲良く暮らす話がしたい」などと語っていたそうだ。

ひぐらしのなく頃に業では、きれいなてっぺい☆が見られるのか!?

スポンサードリンク

※承認制